人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.11

周囲の音の聞こえやすさを調整できる機能を搭載したJBLのノイキャンヘッドホン『EVERESTELITE 750NC』

ハーマンインターナショナルは、同社が展開する世界最大級のオーディオブランド「JBL」から、ノイズキャンセリングオーバーイヤーヘッドホン『EVERESTELITE 750NC』を5月18日より発売を開始する。価格はオープン価格。公式通販サイト販売価格は2万9880円。
主な特徴は次のとおり。

高性能40mm 径ダイナミックドライバー採用

独自のサウンドテクノロジーにより開発された高性能40mm 径ダイナミックドライバーを採用。余裕のあるワイドレンジ再生を実現し、パワフルで躍動感溢れるJBL サウンドを楽しめる。

アクティブノイズキャンセリング機能&アンビエントアウェア機能を搭載

ノイズキャンセリングの方式には、騒音集音用マイクをハウジング本体外側に配置するフィードフォワード方式と、鼓膜に近いドライバーユニット側に配置するフィードバック方式の両方式を採用した「ハイブリッド方式ノイズキャンセリング」を採用。高性能な消音パフォーマンスを可能にした。また、周囲の音の聞こえやすさを調整できるアンビエントアウェア機能を搭載。こtれは、駅のホームで案内放送を聞きたいときなどに便利な機能だ。アンビエントアウェア機能はアプリ(My JBL Headphones)からも調整できる。
※My JBL Headphones アプリからは最新機能へのアップデートが可能です。

最適な音を楽しめるオートキャリブレーション機能搭載

ヘッドホンのハウジング部のボタンを押すと、オートキャリブレーション機能が作動。ひとりひとりの耳の形状をスキャニングし、その形状に応じて自動的に最適な音をセットアップ。自分の耳に最適な音で音楽をリスニングできる。

約15 時間の長時間ワイヤレスリスニングが可能

Bluetooth を搭載し、約3 時間の充電で、ノイズキャンセリングモードでは最大15時間、ノイズキャンセリング機能をオフにしたワイヤレスモードでは最大20時間の再生が可能。長時間のリスニングでも充電切れを気にすることなく使うことができる。また、バッテリー切れの際も付属のケーブルを接続すれば、ワイヤードヘッドホンとして使用ができるので、旅行や外出時にも最適だ。電源が入った状態で一定時間操作がない場合に、自動で電源が切れるオートパワーオフ機能を搭載。バッテリーの節電に役立ち、長時間の使用を可能にしている。
※時間は使用環境により異なります。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ