人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.12

渋谷にオープンした1フロア1店舗の新スポット「GEMS神宮前」の気になる中身

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

◆感性の高い人が集まる神宮前に1フロア1店舗の商業施設を展開

 野村不動産が手掛ける都市型商業施設「GEMS」シリーズの7棟目となる「GEMS神宮前」が4月末にオープンした。狭いフロアスペースを有効活用し、1フロア1店舗型を展開。地下1階~2階はアパレルブランド「チャンピオン」のブランドストア、3階~10階は和食、エスニック、餃子、焼肉などの飲食店が入っている。

 渋谷と原宿をつなぐ場所に位置している神宮前は、ファッションやライフスタイル、カフェなど感度の高い店舗も多い。GEMS神宮前では施設内の店舗や、周辺のギャラリー、コーヒースタンド、神宮前にゆかりのある著名人のおすすめスポットを掲載した神宮前カルチャーガイド「GEMS JINGUMAE&JINGUMAE MAP」を配布。周辺散策の際に活用してみては。

◆寿司、串カツ、エスニック、餃子、おばんざい、うどん、焼肉とフロアごとに飲食店が

 3階以上は1フロアに1店舗の飲食店があり、各階ともエレベーターが着くと店の入口になるので、行きたいお店はあらかじめ決めておこう(価格は税別)。

〇3階・よりぬき魚類 鮨処 虎秀

 カウンター、テーブルの寿司店だが、直営の築地仲卸「水音水産」より直接仕入れているため、にぎり、軍艦は1貫99円~、巻物は300円~というリーズナブルな価格。経営母体が和食居酒屋を展開していることもあり、料理や鉢物も充実している。にぎり、丼、定食とランチタイムメニューも豊富。

〇4階・串カツ&お好み焼き 大阪バル Naniwa

 大阪の串カツ店「揚八」と鉄板焼店「九志焼亭」の人気店がコラボレーションした、大阪名物を一度に味わえる店。フワフワサクサクの串カツは、魚串、肉串、野菜串、その他串と種類が豊富で1本150円~、5本盛合せ(1200円)、10本盛合せ(2200円)も。ミニサイズスキレットで提供する鉄板焼は「昔ながらの豚玉」(580円)、「そば入りモダン焼き」(680円)」といった定番や、「海老アボカドサラダ焼」(680円)、「3種のチーズ イタリアンピザ玉」(780円)など洋風鉄板焼も。大阪名物とワインが味わえる大阪バルとして女子会にもおすすめ。

〇5階・エリックサウスマサラダイナー

 ロンドンを中心に世界で人気を呼んでいる、モダンインディアンを楽しめる新しいスタイルのインディアンダイナー。インド料理といえば日本人にはカレーやナンのイメージが強い。しかしこちらではランチはカレーメニュー中心だが、ディナーではカレーはあくまでメニューの一部。「季節のモダンインディアンコース」(5000円)は2カ月ごとに替わり、現在の初夏のコースはテーマがフレンチとインド料理の融合。盛り付けももちろんだが、メインの「豪州産ラムのナヴァラン煮込みと特徴的な二種のグレイヴィ 皿上で完成するカレー」はこれがインド料理?と思ってしまうほど。次の7~8月の夏コースはスパニッシュと融合させたコースを予定している。

 アラカルトはミールス、ビリヤニ、ドーサなどの南インド料理と石窯グリルが特徴。「骨付き羊肉の厚切りスパイスステーキ 1/2pound」(1680円)は、スパイスをまぶした状態でウェットエイジングさせて、焼く直前にハーブ中心のフレッシュなマサラをもみ込み高温の石窯で一気に焼き上げる。

「日南どりのスモーキータンドリーチキン」(1000円)は、熱した炭にハーブと精製バターのギーをたらし蓋をして瞬燻、香ばしいスモークのフレーバーをつけて提供する。ドーサは南インド式のガレットで、米と豆をすりつぶして一晩自然発酵させた生地を鉄板に薄く伸ばしてパリッと焼き上げる。8種類のドーサを揃えて、それぞれ違う形で提供している。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ