人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.15

猫の飼い主同士を結びつける新サービス「ニャッチング」の革新性

会社名はnyans。何とも楽しげな響きに心惹かれ、代表の谷口さんに逢うためオフィスのドアを開くと、まず目に飛び込んできたのは、数人のスタッフが長毛の猫と戯れる姿だった。「チェルシー、こっちだよ」「ほらほら、チェルシー」口々に猫の名を呼びながら実に楽しそうだが、中心の猫は息を呑むほど美しい姿をしており、思わず「チェルシー……さんですか。よろしくお願いします」と頭を下げる。スタッフが「うちの社長です」と笑う。猫を飼う身としては大変よくわかる感覚だ。猫を飼うと、家中が猫中心になり、どちらが飼い主かわからない主従関係ができる。チェルシー社長。社長の名に相応わしい風格も相まって、説得力がある。ノルウェージャンフォレストキャットという種類だという。

■猫のために退職。猫のために起業。

〝人間社長〟の谷口さんは、現在26歳。起業を考えたのはひとえにチェルシー社長のためだったという。会社員時代は出張も多く多忙なため、大好きな猫を飼うことを我慢していたが、あるブリーダーを訪ねた際、幼いチェルシー坊やに一目惚れしてしまった。飼い始めたら案の定、出張のたびに預け先で困ることに。「ペットホテルに預けると、外出嫌いの猫のストレスになってかわいそう。ペットシッターに頼むのも不経済。うちの猫って、1日の世話が10分で済むんですよ。餌も一度に一日分入れたら勝手に食べ分けしてくれるし、あとはきれいな水とトイレ掃除。なのにシッターを頼むと1日何千円とかかってしまう。出張のたびに負担になっていて、近くに猫好きの友人がいたらなあと考えたのがきっかけでした」。

京都出身で、2年前に福岡へ移住した谷口さんには、仕事仲間は多いが近所づきあいがまだあまりない。近所に猫を飼っている家があったとしても、室内飼いなので互いに知り合うきっかけもない現実は、長く住んでいても変わらないだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ