みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >家電
  3. >自分好みに淹れ方を変えられるパナソ…

自分好みに淹れ方を変えられるパナソニックのコーヒーメーカー『NC-R500』をプロ家電レビューアーがチェック(2018.05.13)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■メッシュフィルターで淹れるとコーヒーオイルもうまく抽出、コクの深い味わいに!

メッシュフィルターに直接コーヒーの粉を入れ、「マイルド」コースで淹れてみた。メッシュフィルターでコーヒーを淹れるのは難しく、下手な淹れ方をすると雑味が増してしまう。

『NC-R500』は丁寧に少しずつ淹れるので、メッシュフィルターでコーヒーを淹れるのも得意だ。コーヒーオイルが表面にうっすらと浮いており、コクのある深い味わいとなっていた。それほど雑味を感じることがなく、よりリッチな香りを楽しめる。

表面にオイル分が浮いている

アイスコーヒーも「アイス」コースで淹れてみた。アイスコーヒーは氷で冷やすため、苦みだけが残ったり、水っぽくなったり、香りやコクが失われがちだが、バランスのよいアイスコーヒーができて満足だ。

これから暑くなる夏に、マグボトルに入れて職場や学校へ持って行くというのもおすすめだ。

■コーヒーは美味しい! ただ、デザインをもう少し改善してほしい

『NC-R500』は好みの濃さに変えることができ、蒸してから丁寧に淹れる。ミル容器、水容器などは取り外してお手入れができるので、清潔に使い続けることができる。

ただ、気になった点はデザインだ。機能重視なのは理解できるのだが、もう少しスタイリッシュにしてほしいところ。最近はインテリアに合わせてコーヒーメーカーを選ぶ方も増えている。これだけ美味しく淹れられるのであれば、もう少しデザインにも力を入れてほしいと感じた。

とはいえ、1日に2~3杯は家でコーヒーを飲んでいるコーヒー好きとしては、とても魅力的な製品で、自腹で買おうかと思えるほどの味だった。コンビニコーヒーを買わなくても、同製品があれば家で淹れたての香り高いコーヒーを楽しめる。わざわざ買いに行く手間が省けるのはうれしい。色々なコーヒー豆を買って試したくなった。

なお、すっきりしたコーヒーが好みという方は、ステンレスフィルターが付属しておらず、価格が少し安い『NC-400』も候補になるだろう。

スペック
消費電力:680W
容量:680ml(5カップ)
サイズ:幅24.5×奥行17/0×高さ30.0cm
重さ:2.3kg
コース選択:マイルド・リッチ・アイス
豆の挽き分け(手動):粗挽き・中粗挽き(ミルサインで挽き分け)
浄水機能:あり
保温:2時間(アイスはオートオフ)
フィルター;ステンレスフィルター付属

パナソニック
HP:https://panasonic.jp/coffee/products/NC-R500.html

文・撮影/石井和美
フリーライター・家電プロレビューアー。白物家電や日用品の製品レビューを得意としている。WEBや雑誌などで多数執筆中。家電blog管理人。

<< 1 2 3 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。