人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.10

『HUAWEI Mate 10 Pro』が登場!ソフトバンクのスマホ夏モデル、買うならどれ?

ソフトバンクは、“ソフトバンク”の2018年夏商戦向け新商品として、スマートフォン(スマホ)6機種を5月18日以降順次発売を開始する。

【2018年夏モデルの主な特徴】

今回はカメラメーカー「Leica」の最新ダブルレンズカメラを搭載し、AI(人工知能)システムを活用した幅広い写真撮影が楽しめる“ソフトバンク”初のHUAWEIMateシリーズとなる「HUAWEI Mate 10 Pro」(ファーウェイ製)が登場。さらに、4K解像度のHDRに対応した映像の撮影が可能な「Xperia  XZ2」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)や、動画用と静止画用の二つのメインカメラを搭載した「AQUOS R2」(シャープ製)などが投入され、スマホのラインアップが強化されている。

Mate 10 Pro(ファーウェイ製)

Mate 10 Pro

独自のAIシステムによって効率的なバッテリー利用や幅広い写真撮影が可能に

4000mAhの大容量バッテリーを搭載。さらに、『Mate 10 Pro』に搭載されている同社独自のAIシステムが、本モデルを利用することが多い時間帯を学習して、時間帯ごとにバッテリーの残量を効率的に配分することで、無駄なバッテリー消費を防ぐ。
また写真撮影時には、被写体が「フード」や「夜景」「青空」など、あらかじめ設定されている13のカテゴリーに当てはまるかをAIシステムが認識し、いずれかに当てはまる場合は、その撮影に最適なモードに自動で切り替わる。これにより、利用者は撮影モードなどを自ら設定することなく、きれいに被写体を撮影できるようになった。
そのほか、プリインストールされた翻訳アプリを使うことで、50か国語以上の言語の翻訳が可能。音声や文字で入力した内容の翻訳に加えて、撮影した写真に写っている文字列の翻訳にも対応している。

有効画素数約2,000万画素と約1200万画素のダブルレンズカメラを搭載

メインカメラに、カメラメーカー「Leica」の最新ダブルレンズカメラを搭載。有効画素数約2000万画素と約1200万画素のカメラを組み合わせることで、難しい設定などをすることなく、被写体の背景をぼかしたり、暗い場所で被写体を鮮明に写したりすることが可能だ。また、サブカメラに有効画素数約800万画素のカメラを搭載することで、きれいな「自撮り」も楽しめる。

約6インチのディスプレーに18:9の狭額縁設計で、大画面でも片手で持ちやすいデザインに

有機ELで高精細な約6インチのディスプレーに18:9の狭額縁設計を採用。また、背面をラウンド形状にするなど、手になじむ設計となっており、大画面にもかかわらず持ちやすいデザインになっている。

外形寸法/幅75×高さ154×厚さ7.9mm、約178g
OS/Android 8.0
CPU(クロック数:チップ)/オクタコア(2.36GHz+1.8GHz):Kirin 970
最大通信速度(下り:上り)/400Mbps:37.5Mbps
ディスプレー/約6インチフルHD+(2160×1080ドット)OLED
モバイルカメラ/メイン:デュアルカメラ(有効画素数約2000万画素+約1200万画素)、サブ:有効画素数約800万画素
内蔵メモリー/ROM:128GB、RAM:6GB
電池容量/4000mAh
防水:防じん/IPX5、IPX7/IP6X
カラーバリエーション/ミッドナイトブルー、チタニウムグレー
◎ 5月18日発売(5月11日予約受け付け開始)

Mate 10 Pro

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ