人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

意外と知らない「iPhoneを探す」機能の設定方法と使い方

2018.05.11

■「iPhoneを探す」の利用方法

「iPhoneを探す」の設定を済ませておけばiPhoneを紛失した際、二つの方法でiPhoneを探すことができる。一つ目は、他のiOS(iPhoneやiPad)の「iPhoneを探す」アプリを利用する方法。もう一つは、iCloudへアクセスする方法だ。

ここでは、他のiOSデバイスを保有していない方のために、iCloudページへアクセスしiPhoneを探す手順を紹介する。iCloudページにアクセスできる環境であれば、Windowsや他の人のデバイスからもiPhone本体の位置情報、電池残量を確認することができる。

【「iPhoneを探す」の利用方法】
1.iCloudへアクセスし、Apple IDでサインインする。
2.「iPhoneを探す」をクリックすると、地図が表示される。

3.画面中央のデバイスの選択で「iPhone」を選択する。
4.「サウンドを再生」「紛失モード」「iPhoneを消去」のいずれかを選択する。

・サウンドを再生
「サウンドを再生」を選択すると、iPhone本体から音を発することができる。移動した距離が短い場合、建物内のどこかに本体があることがわかっている際に活用したい。

・紛失モード
「紛失モード」では、紛失したiPhoneをロックすることが可能だ。さらに、拾った人へのメッセージと連絡先(電話番号)を伝えることができる。盗難ではない場合には、有効な手段だろう。

・iPhoneを消去
盗難の恐れがある場合に活用したいのが、「iPhoneを消去」の機能だ。データを遠隔で削除することができるため、個人情報の流出を防ぐことができる。ただし、その後iPhoneが見つかった場合には、データがすべて消えたさ状態になるため「最終手段」として利用しよう。

iPhoneは端末料金も高額なため、「失くさないこと」が第一だ。しかし、万が一の場合に自力でiPhoneを見つけ出すためにも、今回紹介した「iPhoneを探す」機能の設定をしておくことをおすすめしたい。

文/久我裕紀

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。