人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.12

ネットにつながって体調管理もできる!?進化するコンタクトレンズ

1508年にレオナルド・ダ・ビンチが原理を発見してから、今では当たり前のように使われているコンタクトレンズですが、今までにない新しいタイプの製品を日本のベンチャー企業が次々と開発しているのをご存じでしょうか。着けるだけで視力が改善できたり、視力に関係なく使えるほか、ネットワークとつなげて情報を共有できるSFのようなスマートコンタクトレンズの実用化も進められているんです。

目に入れるだけでネットとつながるスマートコンタクトレンズ実用化が進んでいる。

眼科医療機器を開発するベンチャー企業のユニバーサルビュー社では、一般に使われているコンタクトレンズとは少し異なる、新しいタイプのコンタクトレンズの製作に取り組んでいます。その一つ、角膜矯正用コンタクト「オルソケラトロジーレンズ」は、寝ている間に角膜の形を変えるコンタクトレンズ。レーシックなどの手術せずに近視を回復でき、激しい運動でコンタクトレンズが使えないスポーツ選手や、まだ角膜が柔軟な子どもの視力回復に効果があります。オルソケラトロジーレンズそのものはだいぶ以前から商品化されていたものの、日本で発売が認可されたのは2012年からで、日本人の角膜の形にあわせた商品であることが決め手になっています。

寝ている間に視力が矯正できるコンタクトレンズは2012年から発売されている。

小さな穴がたくさん空いたピンホールレンズをかけるとモノがよく見えるようになる、という仕組みを応用した世界初の「ピンホールコンタクトレンズ」の開発も現在進行中です。近視、遠視、乱視の症状が複数ある人でも使える万能型コンタクトレンズで、これまでメガネやコンタクトレンズがあわなかった人や、遠近両用メガネは使いにくいしカッコ悪いという人たち向けに、まずは老眼用コンタクトレンズとしての発売を目指しています。また、レンズは3つの度数から選ぶだけなので視力検査も簡略化できることから、先進国向けの発売も予定されているそうです。

※視力に関係なく使えるピンホールコンタクトレンズは医療機器申請、承認手続きの都合上、
商品化、販売開始は2020年前後の見込みとのこと。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ