人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.13

海からインスパイアされた涼しさを感じる雑貨たち

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

「春過ぎて、夏来たるらし〜」とは百人一首の一句であるが、春が過ぎれば夏の到来もすぐである。最近の暑さを思うとむしろすでに到来しているのではないかと疑いたくもなるくらいだ。そんな今だからこそお勧めしたいのが今回紹介する雑貨たち。いずれも海からインスピレーションを受けてデザインされただけあって、一目見ると海を思い出すものばかり。こうした雑貨たちを手元に置いて、まずは気分から涼んでもらいたい。

■コロンとした形はずっと眺めていたくなる『すずテト』

富山県高岡市といえば高岡銅器をはじめ、鋳物の製造で有名な街である。そんな高岡市にある「HAN BUN KO(はんぶんこ)」によるプロダクトがこちらの『すずテト』だ。錫で出来た製品だが、形のモチーフはもちろんテトラポッドである。用途は自由な製品のようだが、製作者お勧めの用途は例えば日本酒を注ぐ前にお猪口に入れること。錫が日本酒をまろやかにする働きがあることを利用した用途だ。また、花を綺麗に保つ効果もあるそうなので花瓶の中に入れるのも良いらしい。その重量を活かしてペーパーウェイトにするのも良いし、手の上でコロコロ転がして気分転換に使うのも良いだろう。いずれにしても「こう使わないといけない」という用途はないので、自分の発想で自由に使ってもらいたい。価格は税込み486円で「HAN BUN KO」のオンラインストアから購入することができる。

■活躍するフィールドを砂浜に限定したマグカップ『screw cup』

このマグカップのすごいところは、活躍するフィールドを砂浜に限定してしまっていることである。一般的なマグカップにはまず見られない底面のデザインは砂浜に差し込んで固定するためのもの。おかげで砂浜では不容易に倒れてしまうことはなく、ちょっとした波が来ても倒れそうにない。その反面、平地に置くことはできないのでテーブルはおろか砂浜以外の地面に置くことも難しいだろう。底部はネジのように螺旋状の加工が施されているので、力のない人でも時計回りに本体を回してやることで容易に砂浜に差すことが可能だ。ちなみにこのマグカップがモチーフにしているのは貝殻である。こちらはデザイナーのminji jung氏によるプロダクトデザインのため、製品化はされていないようだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ