人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.08

「ミラノデザインウィーク」で注目を集めた日本のデザイン傑作選

ミラノ郊外では毎年4月に世界最大規模のインテリアデザインの見本市、「ミラノサローネ国際家具見本市」が開催された。今年も4月17日(火)~4月22日(日)の6日間で過去最高の43万人以上を動員した。

「ミラノサローネ」の期間中、ミラノ市街では「フォーリサローネ」として大小さまざまな展示やインスタレーションが行われる。「ミラノサローネ」、「フォーリサローネ」は合わせて「ミラノデザインウィーク」と呼ばれ、各国のデザイン関係者や企業が最新のデザインを一目見ようと訪れる世界一のデザインの祭典となっている。

筆者は今回がはじめてのデザインウィーク。天気にも恵まれ、ピザやジェラートで栄養補給してはミラノ市街の展示を巡った。規模も大きくボリュームもあるのですべての展示を回りきることはできなかったが、印象に残った展示をご紹介したい。

■「nendo」「mt」、注目高まる日本のデザイン

ミラノのファッショナブルな街並みや人々に圧倒されつつも、驚いたのは日本からの出展勢が大きな存在感を放っていたことだ。

人気デザイナー佐藤オオキ氏率いるデザインオフィス「nendo」の個展「nendo:forms of movement」には長蛇の列が。汗ばみながら並ぶこと40分。ようやく会場に入ると、ひんやりとした暗闇のなかに作品が並んでいた。

今個展で「nendo」は日本のメーカーとタッグを組んだ全10作品を発表。本来は工業製品に使われるような素材の触り心地や特性に着目し、デザインで新たな光を当てるような作品が制作された。

ロボットの関節などに使われる低摩擦素材で作られたジュエリーケース。閉じているとまんまるの白い球体だが、切込にそって力を入れると球体がずれて中からジュエリーがあらわれるロマンチックなデザイン。

砂の落ちる速度や角度をデザインし可視化される時間の感じ方に変化を生む砂時計。柔軟かつ実験的な作品に多くの人々が魅入っていた。スワロフスキーやフリッツ・ハンセンなど、「nendo」がコラボレーションした作品は個展会場以外でも見ることができた。

カモ井加工紙株式会社のマスキングテープ「mt」の展示はSPROUT「芽生え」がテーマ。日本でも大人気のマスキングテープ「mt」は海外でも人気が高い。

カラフルなマスキングテープはイタリアの国旗の色や会場の建物の柄からインスピレーションを受けたもの。たくさんのマスキングテープが天井や床からミラノの地に根をはるように芽生えていた。一つ一つは小さな製品でも集まると圧巻だ。

会場前にはマスキングテープがストライプ状に貼られた可愛らしいFIATがお出迎え。

海外に行ったら必ず文具店に足を運ぶが「mt」を置いている割合がとても高い。日本製のものを見かけるとおお!と思わず嬉しくなる。今回の展示は販売や来場者へのお土産もあり、世界のファンを喜ばせていた。

他にも国立ブレラ絵画館で開催されたパナソニックのインスタレーションが『Milano Design Award 2018』の「ベストテクノロジー賞」を受賞するなど、デザイン大国イタリアで勝負する日本勢の活躍を肌で感じることができた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ