人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.03

エア・カナダが国際線と北米内路線にプレミアムな「シグネチャークラス」を導入

エア・カナダは、国際線に「エア・カナダ シグネチャーサービス」を導入した。これによりワイドボディ機のプレミアムキャビン「エア・カナダ シグネチャークラス」の利用者は、より充実したシームレスな旅を楽しめるようになる。北米内路線の特定便には2018年6月1日より導入の予定で、エア・カナダはカナダ国内及びアメリカ行きの北米内路線の特定便においてフルフラット座席を提供する北米初の航空会社となる。これには、バンクーバー、ロサンゼルス、サンフランシスコとトロントを毎日結ぶ深夜便も含まれる。

エア・カナダ シグネチャーサービスを利用する方は、空港コンシェルジュサービスのほか、チェックイン、保安検査、手荷物取り扱い、ご搭乗などで、常に優先サービスを利用可能。また、エア・カナダ メープルリーフ・ラウンジへのアクセスはもちろん、トロント・ピアソン空港発の国際線に搭乗した人は、カナダの有名シェフ、デビット・ホークワース監修によるアラカルトメニューなども楽しめるレストランを備えたエア・カナダ シグネチャースイートを利用できる。

これについて、エア・カナダの旅客部門担当社長のベンジャミン・スミス氏は次のように述べている。

「新たに導入したエア・カナダ シグネチャーサービス、エア・カナダ シグネチャークラスといったブランドは、エア・カナダが提供してきたプレミアムサービスをさらに進化させたものです。長期の旅行に弊社便をご利用のお客様が、空港または機内において利便性と快適性を重要視されることを考慮し、北米の航空会社のワイドボディ機で提供されるサービスの中でも最高レベルとなるエア・カナダ シグネチャーサービスをこのたび導入いたしました。」

「国際線、6月からの北米内路線の特定便でエア・カナダ シグネチャークラスをご利用のお客様は、シームレスなエア・カナダ シグネチャーサービスをご利用頂けます。旅行中のあらゆる場面で、新たに導入された快適なサービスをお楽しみください。」

エア・カナダの国際線、北米内路線の特定便(2018年6月1日導入予定)で利用できるエア・カナダ シグネチャーサービスとエア・カナダ シグネチャークラスは、次世代型ライフラットシートを配備した客室などで受賞歴を誇るエア・カナダの国際線ビジネスクラスのクオリティを取り入れ、それを更に洗練させたものだ。

エア・カナダのシグネチャーサービスは、ボーイング787ドリームライナー、ボーイング777、ボーイング767、エアバスA330 にて運航される国際線及び北米内路線の特定便で利用できる。これには、トロントとロサンゼルス、サンフランシスコ、バンクーバーを結ぶ路線及びバンクーバーとニューヨーク、モントリオールを結ぶ路線も含まれる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ