人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.23

男の所有欲を刺激する〝骨太G-SHOCK〟最新モデル3選

「5000」や「6000」以外にも、G-SHOCKは多彩なシリーズを展開してきた。タフネスを軸にした個性的なモデルはどれも、所有欲をくすぐるものばかりだ。

■ソーラー充電+GPSナビで過酷な状況下で真価を発揮

『G-SHOCK RANGEMAN GPR-B1000-1JR』

『G-SHOCK RANGEMAN GPR-B1000-1JR』10万円

トリプルセンサーとGPSナビゲーション機能を搭載し、目的地の方向をリアルタイム表示。充電はワイヤレスとソーラーの両対応。ワイヤレス充電ができない状況でも時刻表示をサポートする。ケースサイズ60.3×57.7mm。

〈REVIEW〉過酷な状況での使用を想定したモデルだが、先進の機能にはぐっとくる。2方式の充電は、うっかり充電を忘れてしまった時にも便利。

■メタルとコーデュラでミリタリーテイストに

『G-SHOCK G-STEEL GST-W130BC-1A3JF』

『G-SHOCK G-STEEL GST-W130BC-1A3JF』4万6000円

コレクション誕生時にはオールステンレスの重厚感がインパクトを与えた『G-STEEL』。新作では、コーデュラファブリックのバンドとメタルベゼルによるミリタリーテイストを表現している。ケースサイズ59.1×52.4mm。

〈REVIEW〉ベゼルやバンドの素材もタフネスで統一され、ミリタリーテイストを色合いだけで表現していないのは、カシオらしいクリエイション。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ