人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.01

自分の仕事が「デジタルレイバー」によって奪われる日はやってくるのか?

これまで人間が行っていたオフィスワークを担うロボットが誕生し、デジタルレイバー(仮想知的労働者)と呼ばれ始めている。日本法規情報は、運営するサイト「の運用情報やアンケートを元に、「デジタルレイバーに関するアンケート調査」について発表した。

 

少子高齢化に伴う労働人口の減少によって、日本では、ロボットや人工知能による業務が増えることが予測される。

多くの企業が業務効率化を図るため、生産現場ではフォーマット化や自動化への取り組みが行われてきた。この自動化への流れはオフィスワークにも広がりを見せている

最初に、「デジタルレイバー」の認知度について調査した。

■デジタルレイバーの認知度は13%

質問: デジタルレイバー(今まで人間でしかできないと思われていた作業を、コンピュータ上で自動処理し、遂行する仮想知的労働者)という言葉を知っている?

調査した結果、デジタルレイバーを「知っている」と回答した人が13%、「知らない」と回答した人が87%。

次にデジタルレイバー(仮想知的労働者)の今後についてどう思うかについて調査した。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ