人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.29

三菱自動車が『デリカD:5』をフロントフェイスを変更するなど一部改良

三菱自動車は、ミニバン『デリカD:5』にフロントフェイスの変更など一部改良を施すとともに、昨年4月に発売して好評を博した特別仕様車「ACTIVE GEAR」を継続して設定。全国の系列販売会社を通じて販売を開始した。車両本体のメーカー希望小売価格は標準車240万8400円~405万5400円、特別仕様車「ACTIVE GEAR」が376万3800~393万6600円(消費税込)。
加えて、キャンプなどの夏のアウトドアレジャーシーンに最適な特別仕様車「JASPER」を新たに設定し、5月17日から販売を開始する。車両本体のメーカー希望小売価格は357万480~374万7600円(消費税込)。

デリカD:5「D-Power package」

  デリカD:5「D-Power package」

デリカD:5「JASPER」

デリカD:5「JASPER」 JASPERコンプリートパッケージ(ディーラーオプション)装着車

『デリカ』シリーズは、1968年に『デリカ トラック』を発売してから本年で50周年を迎える。翌69年に発売された『デリカ コーチ』(乗用9人乗り)が現在の『デリカD:5』に繋がるワゴンの起源となった。79年の2代目『デリカ スターワゴン』、86年の3代目『デリカ スターワゴン』、94年の4代目『デリカ スペースギア』によって、本格的な4WD性能を備えたワンボックス車という独自のポジションとアウトドアレジャーを満喫するためのパートナーという『デリカ』のイメージを確立。50周年を迎える本年は、三菱自動車のウェブサイト内に「デリカ誕生50周年スペシャルサイト」を開設し、イベントやキャンペーンを展開していく。

(1) 『デリカD:5』の主な改良内容

フロントバンパープロテクター(アンダーカバー一体型)を採用することで、いっそう力強くアクティブなイメージのフロントフェイスとした。

(2) 特別仕様車「JASPER」の特徴

まず夏の山や森林をイメージしたディープシーグリーンマイカをメインカラーとし、太陽の下で映えるメッキパーツをエクステリアの要所に配した。さらにアウトドアレジャーシーンで便利な撥水機能付きのシート生地を採用したほか、より使い勝手を向上させる専用ディーラーオプションパッケージを設定した。

エクステリアは「JASPER」のデカールをテールゲートに、広大な山並みや鹿を描いたサイドストライプ&デカールをボディサイドに配し、アウトドアレジャーシーンに映えるデザインを採用。「JASPER」専用色としてディープシーグリーンマイカ/アイガーグレーメタリックを設定したほか、アイガーグレーメタリック/ダイヤモンドブラックマイカ、ウォームホワイトパール/スターリングシルバーメタリック(有料色)の3色展開とした。

インテリアは、シート生地に夏のアウトドアレジャーシーンで使い勝手のよい、撥水機能を付加した専用スエード調人工皮革(ブラウン&シルバーステッチ)を採用。心地よい手触りに加え、滑りにくい立体的なボーダーキルティング形状とすることで、機能的なシートとした。

機能面では、7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーション[MMCS]の装着有を選択できる。運転席もパワーシート(スライド、リクライニング、ハイト、チルト)とすることで利便性を高めている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ