人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.28

みんなどこへ出かけてる?人気急上昇のゴールデンウィーク旅行先TOP10

ついにゴールデンウィーク(GW)に突入!しかし、実はまだ予定が決まっていない…という人も多いのでは?そこで、スカイスキャナージャパンが発表した「2018年ゴールデンウィーク 人気急上昇の旅行先トップ10」をご紹介しよう。お出かけの予定がまだ決まっていない人はぜひ参考にしてほしい。

2018年ゴールデンウィーク 人気急上昇の旅行先トップ10

国内トップ10

順位  都道府県名    伸び率

1位   青森県    +143.8%

2位   宮崎県    +68.6%

3位   長崎県    +47.7%

4位   鹿児島県   +38.1%

5位   愛媛県    +31.2%

6位   沖縄県    +29.2%

7位   大分県    +25.8%

8位   熊本県    +18.4%

9位   宮城県    +17.3%

10位     兵庫県    +14.2%

海外トップ10

順位   国名      伸び率

1位   フィリピン   +107.0%

2位   ドイツ     +60.5%

3位   オーストラリア +58.2%

4位   ベトナム    +56.1%

5位   ロシア     +48.3%

6位   インドネシア  +33.8%

7位   タイ      +28.6%

8位   マレーシア   +27.7%

9位   中国      +23.1%

10位   カンボジア     +21.9%

今年のゴールデンウィークの航空券の予約数を昨年と比較した結果、最も伸び率が高かった目的地は、国内では青森県、海外ではフィリピンとなった。また国内では、九州から5県がトップ10にランクイン。

国内1位、青森県の弘前城。

 国内では、青森県が1位。東京(羽田)、大阪(伊丹)といった主要空港からの往復便の予約が特に好調で、全体で+143.8%(約2.4倍)の伸びを見せている。

同県では、例年4月中旬~5月上旬に桜が見頃を迎え、ゴールデンウィークの花見旅行が楽しめる。花見の名所として知られる「弘前公園」では、4月21日~5月6日、今年で100周年を迎える「弘前さくらまつり」が開催され、樹齢100年を超すものだけで300本以上という見事な桜の木々と、約200の出店が観光客を迎える。

 2位の宮崎県では、昨年12月にジェットスター・ジャパンの東京(成田)ー宮崎線が就航したほか、東京(羽田)や大阪(伊丹)との往復便も順調に伸び、+68.6%(約1.7倍)の予約増となった。

春の旅行先として県外からの観光客を多く集める「ハウステンボス」や「グラバー園」などを擁する長崎県は、2016年の熊本地震の影響から昨年に続いて順調な回復を見せ、+47.7%(約1.5倍)で3位となった。

中でも、ソラシドエアがゴールデンウィーク中に臨時便を運航している東京(羽田)ー長崎線が好調。続く4位は、2018年の大河ドラマ『西郷どん』の舞台として注目を集める鹿児島県。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ