人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.05

ショッピング、保育施設、鉄道ファン必泊の絶景ホテルまで!リニアのホームもやってくる名古屋駅JRゲートタワーの歩き方

JR名古屋駅に昨年グランドオープンしたJRゲートタワー。隣接しているJRセントラルタワーズとともに3つのタワーが並ぶその姿は名古屋の象徴的な風景だ! 今回は〝JR〟のタワーということで鉄道写真家のムラカミが2027年のリニア中央新幹線開業時には地下5、6Fにリニア発着ホームも設置される予定のJRゲートタワーの魅力をご紹介しよう!

JR名古屋駅前。右がJRゲートタワーになる。

■JRセントラルタワーズよりも多機能で若者向け!?

そもそも名古屋駅にはJRセントラルタワーズがすでにあり、今回紹介するJRゲートタワーとの違いが気になるところ。これについてJR東海事業推進本部の辻本さんは「まず、JRゲートタワーの店舗は若い世代やファミリー層のお客さまに喜んでいただけるような方向性を強めています。例えばJRセントラルタワーズには百貨店である『ジェイアール名古屋タカシマヤ』を展開していますが、JRゲートタワーには同じタカシマヤでも約150の専門店を集積した商業施設『タカシマヤ ゲートタワーモール』を展開しています。また、『ユニクロ』や『ビックカメラ』などの店舗があるのもJRゲートタワーの特徴の一つです。ホテルにしてもJRセントラルタワーズは『名古屋マリオットアソシアホテル」』と国際的なマリオットブランドをお楽しみいただけたり、婚礼、宴会施設を完備した都市型ホテルになっているのに対し、JRゲートタワーには機能的かつ宿泊主体型の『名古屋JRゲートタワーホテル』と性質の異なる施設にしています。また、フィットネスクラブや保育施設、バスターミナルなどの日常の中でご利用いただける施設もJRゲートタワーにあり、多機能な施設になっています。もちろん、相互のタワー内の施設はリンクしており、例えばレストラン街は双方のタワーを合わせると76店舗と日本最大級のレストラン街となります」と語る。

また、同席したJR東海事業推進本部の早川さんは「今まで名古屋は駅周辺と街の中心機能を持っている栄地区と機能が分かれていた。今後は機能を双方で分けるのでなく、ともに名古屋を盛り上げていく場所になっていくはずです」と語った。

■オフィスもホテルも絶景眺望。しかもトレインビュー!

さて、実際にJRゲートタワーの中を巡ってみよう!まず、案内されたのが26〜44階にあるオフィスゾーン。「駅前」というか「駅上」のこちらのタワーは新幹線も発着するということもあって日本全国からのアクセスも抜群!

「おかげさまでほぼ満床です」という辻本さんに誘導され、実際にオフィスとなる部屋に入ってみるとその絶景にびっくり。なんと下に目線を落とすと名古屋駅がばっちり見える。トレインビューのオフィスだなんて最高じゃないか!!

広々としたオフィススペース。

室内の窓からは名古屋城はもちろん見える。

眼下に見える名古屋駅。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ