人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

引退間近の東武佐野線1800系の臨時電車〈春の花めぐり号〉佐野行きに乗ってきた!

2018.05.04

■運河で1800系の撮影会

 8時30分過ぎに運河に乗り込むと、すでに2番線では行楽地へ向かう乗客やレールファンでにぎわっていた。発車1時間前で、この状況なのだから、臨時電車〈春の花めぐり号〉や1800系に対する関心が高いのだろう。

 野田線のダイヤが少々遅れており、臨時電車〈春の花めぐり号〉佐野行きは、予定より2分遅れの9時11分、2番線に入線。3分後に客扱いを始める。

入線から発車まで37分もあるため、1800系は“モデル”と化す。

1800系の座席は、リクライニング機構のない回転式クロスシート。

 乗客の多くは、回転式クロスシートに荷物を置くと、撮影タイム。鉄道に関心がない乗客は、レールファンの“熱気”に誘われて1800系をスマホやデジカメで撮影したのではないだろうか。

臨時電車〈春の花めぐり号〉のヘッドマークと方向板。

 1800系が野田線に入線するのは、2014年12月6日の団体列車以来、4年ぶり3回目。団体列車以外の営業運転は、今回が最初で最後だ。東武によると、臨時電車〈春の花めぐり号〉の運転は、2018年3月初旬に計画。始発駅を運河にしたのは、大宮、柏、船橋は、定期列車の発着でホームに長時間停車させておくができないこと、運河は折り返し設備が整っており、乗客に余裕を持って乗車いただくことができるからだという。

500系リバティ。

 2・3番線の柏寄りでは、臨時電車〈春の花めぐり号〉佐野行き発車まで「特急リバティ運行開始1周年記念入場券」(1セット1000円)を臨時発売。運河はこの券の発売駅ではないので、駅員は“便乗商法”に打って出たといえる。購入者には、“「特急〈アーバンパークライナー2号〉運河行き(大宮22時43分発、平日のみ運転)の宣伝チラシ」という名のオマケ”もつくので、ほかの駅で買うよりプレミアム感がありそうだ。

 この日は500系リバティがデビュー1周年を迎え、浅草駅及び特急〈リバティけごん11号・リバティ111号〉東武日光・会津田島行きの車内で、イベントなどが行なわれた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。