人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

周囲の音を聞きながら音楽も楽しめるワイヤレスイヤホン『Xperia Ear Duo』使ってわかった○と×

2018.04.30

■タッチパッドの操作性はイマイチ。スマホでの操作が必要か

 音楽の再生・停止や、曲送りなどの操作は、左耳に装着した本体のタッチパッドで行う。タップすると再生・停止になり、ダブルタップで曲送り、トリプルタップで1つ前の曲に戻すといった操作が割り当てられている。スライドさせると音量の変更ができるほか、長押し操作にGoogle Assistantを割り当てるといったことも可能だ。この操作をマスターすれば、スマホをポケットやカバンから取り出さずに、音楽の操作を行える。

 ただし、操作性はあまり期待しない方がいいかもしれない。再生・停止はタップするだけで簡単に行えるが、ダブルタップやトリプルタップは、操作に失敗してしまうことも多々あった。曲を飛ばそうとしたら再生が止まってしまったり、逆に戻そうとしたら1つ先の曲になってしまったりと、なかなか思うように操作ができない。これであれば、スマホをカバンから取り出した方が簡単だと感じた。

SONYのロゴが入ったパーツが、操作のためのタッチパッドになる

シングルタップ、ダブルタップ、トリプルタップにそれぞれの動作が割り当てられている

 音量の変更も同様に、うまくいかないことが多い。『Xperia Ear Duo』は首で行うゼスチャーにも対応しており、たとえばうなずくと「はい」と言ったのと同じ動作をする。このゼスチャーを、音楽の操作に使うこともできる。標準では設定されていないが、曲送り・戻しを左右の首の動きに割り当てることが可能だ。これを使えば、もっとスムーズに操作ができるようになるかと思いきや、応答することがあったりなかったりと、かなり気まぐれで実用性に乏しい。

ヘッドゼスチャーを割り当ててみたが、あまりうまくいかなかった

 逆に、意図せず曲送りになってしまうこともあるため、この機能はオンにしない方がいいかもしれない。結果として、再生・停止以外は、どの操作をするにも、スマホを取り出した方が早いということになってしまった。Bluetoothイヤホンは、カバンの中にスマホをしまいっぱなしにしたまま音楽を聞けるのが大きなメリットであるため、これは残念。ソフトウェアアップデートでチューニングができそうなだけに、今後の改善には期待したい。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。