人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.03

クラフトビール激戦区の神田駅南口に『びあマ神田』がオープン

近年、神田界隈はクラフトビールの一大名所になりつつある。「デビルクラフト」「クラフトビアマーケット」「よなよなビアワークス」等々、クラフトビールファンなら一度は行きたい店が軒を連ねる。そこにもう1軒、強力なビアバーがオープンした。「びあマ」神田店だ。

「びあマ」と言えば、クラフトビールファンの間では知られた存在。北米、南米、ヨーロッパ、オセアニア、アジアと、世界のクラフトビールをインポート。楽天オンラインで買えるのはざっと1900種類と日本最大級。そのリアルショップが2年前に北千住にオープン。以来、北千住はビールファンの隠れた名所に。その2号店が4月19日に、神田駅南口の路地裏にオープンした神田店だ。

びあマ神田 TEL:03・3527・1900

■1階でタップを飲み、2階で800種のボトルを飲めるし買える

「びあマ」は1階がタップバー。

タップ(生)ラインナップは日替わりで8種。毎日ツイッターで発信される。それを確認してから飲みに来るツウが多いとか。

この日はアメリカ、ドイツ、日本のクラフトビールがラインナップ。毎日、店長が8種の組み合わせを決める。メインはエールタイプだ。1杯目は度数低めの爽やか系、2杯目はしっかりしたIPAなど、飲む順番を想像するだに楽しそうだ。

メーカーによるが、樽は大きくても20リットルなので回転が早い。つまり新鮮。もちろんタップの洗浄など品質管理もぬかりがないので、本当においしい世界のクラフトビールが味わえる。

泡がなくなっちゃったのではなく、泡をすり切りしている。Sサイズ265ml、しっかり飲める。左は、びあマ」オリジナルの「TSUMUGI」。山梨のブルワリーFar Yeastに醸造してもらったもの。原料に柚子のピールを使用したセッションIPA。右はアメリカ・カリフォルニアのブルワリーLAGUNITASのアメリカン・ペール・ウィート「リトルサンピンエール」。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ