人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.05

世界初の体温で発電するスマートウォッチ『MATRIX PowerWatch』で睡眠量とカロリーを測ってみた!

■Introduction

スマートウォッチを使っていて気になるのが、高機能なものほど充電池が持たないこと。特にカラー液晶を採用していると毎日充電というパターンになる。私が求めているのは1日の消費カロリーと睡眠時間なので、途中で充電すると正確な測定ができなくなる。スマートウォッチというよりも活動量計の機能があれば充分なのだが、GPSと心拍センサー内蔵で、電池が1週間持って、時計を常時表示できるのでPOLAR『M430』を愛用している。ほんとうはエコ・ドライブ駆動のスマートウォッチがあればいいのだが、私の要求を満たすモデルはない。

そこに彗星のごとく登場したのが『MATRIX PowerWatch』である。世界初の体温で発電する機能を搭載して、正確な消費カロリーと睡眠量を測定、充電不要で5気圧防水で文字盤は常時表示、日本語対応と魅力的なスペックが踊る。このスマートウォッチはINDIEGOGOのクラウドファンディングで資金調達を初めて昨年、938%、164万5821ドルを集めて製品化されたものだ。私もこちらをチェックしていたので、『BLACK OPS PACK』が149ドル+送料15ドルと日本販売価格よりかなり安価に入手できた。

■Impression

さて『MATRIX PowerWatch』の箱を開けてまず思ったのは液晶が暗い! 白黒反転表示なのだが、白の部分のヌケが悪くてグレーなのだ。さらにバックライトが劇的に暗い。液晶の背面全部が照明されるのではなく、右下からスポットライト入れた、みたいな感じである。まっ暗な場所なら効果を発揮するが日中に点灯させても全く分からないレベルだ。あと睡眠の測定が手動式、深い眠りと浅い眠りの判別もかなり不正確というか大雑把である。消費カロリー、距離、歩数に関しては問題なく測定できるのだが、スマホとの同期も手動でおこなう必要がある。

パッケージは外箱がグレー、内箱はブラックとクールでハイテクな雰囲気だ。

マニュアルも日本語されている。時計の表示も専用アプリから日本語化できる。

クラウドファンディング版にはオマケでナイロン製のストラップが付属する。

さらにスマートウォッチとしての機能もかなり限定的である。AmazonでU5000円で買えるモデルにも搭載されているSNSのメッセージの通知機能、電話の着信の通知は、このモデルでは非対応。上級モデルの『PowerWatch X』が対応する。こちらにするかどうか悩んだのだが、重さが60〜70gで直径が46mmから50mmと大きくなるのに画面サイズは同じで、防水性能が5気圧から20気圧にアップするだけだったのでXを選ばなかった。せっかくバッテリーレスなら軽い方がいいし、デザインがダイバーズウォッチに寄りすぎているの嫌だった。

専用アプリは日本語表示でBluetoothによる最初のペアリングもカンタンだった。

スマホと同期すると早速、ファームウエアがアップデートされた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ