人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.25

出張族におすすめ!最新のギミックが満載の進化形スーツケース6選

旅行スタイルの多様化に伴い、スーツケース選びの基準が変わろうとしている。軽さ・強さ・容量に加え、重視すべき要素とは? 3つのトレンド別に最新モデルの実力を検証した。

◎旅行スタイルの多様化でニッチな機能が進行中

 JTBがまとめた旅行動向調査によると、2017年の日本人の国内・海外旅行延べ人数は推計3億2360万人。2018年はさらに前年を上回る見通しとなっている。その背景にあるのは、移動手段ならびに宿泊スタイルの多様化だ。

 JR九州『ななつ星』が火付け役となった鉄道旅行に加え、今年6月には有償で住居を宿泊先として開放する「民泊」が解禁。一方で安価な交通手段として定着したLCCは、エア・カナダが成田〜モントリオール線を新規就航するなど、国際線の路線網が増強傾向にある。

 これにバッグメーカーも追従。旅行バッグの代名詞であるスーツケースが新たな進化を遂げている。注目すべき新トレンドは、次の3つ。スマホとの連携で利便性を高めるIoT化などの「最新ギミックの搭載」、路線網の拡充に伴う「LCC機内持ち込み対応」、民泊などのアクティブな旅行に便利な「アウトドア系」だ。

 多様化する旅行スタイルに合わせ、ニッチな機能を備えたモデルが急増している。

IoT対応など、ハイテク化の波が到来【最新ギミック搭載モデル】

次なる利便性獲得の一手として、スマホ連携やセキュリティー強化などの一芸化が進んでいる。また最近は、気軽に荷物が取り出せないというハードケースの欠点を解消する、フロントオープンタイプも人気を博している。

《 スーツケース比較表 》

(1)サイズ/容量
    評価基準はLCC機内持ち込み規定の準拠。外寸に対する容量の大きさもチェック。
(2)重量
    重さは旅の快適さを左右する要素。LCC機内持ち込み規定の7kgを基準に評価。
(3)主な機能
    進化系とアウトドア系はギミック、LCC持ち込み系は収納性をそれぞれ比較。

■クラウドファンディング発!世界初のスマートラゲージ

ブルースマート『ブルースマート ワン』

ブルースマート『ブルースマート ワン』6万8000円

スマホでの操作を可能にした4つのアプリ連動機能を備える「スマートラゲージ」。13インチのモバイルPCが収納できる、オーガナイザー付きフロントポケットも搭載。スーツケースとしての実用性も高い。

(1)縦55×横36×奥行き23cm/約34L ……………………★★★★☆
(2)約4.2kg ……………………………………………………★★☆☆☆
(3)リモートロック、位置追跡、重量測定、充電器、PC用収納(13インチ)、
    主要LCC・国内線100席以上の持ち込み可……………★★★★★

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ