人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.29

ツマミをつい多めに頼んでしまう武蔵小山の呑める中華屋『G』

■連載/カーツさとうの週刊★秘境酒場開拓団

(写真はイメージです。本文とは関係ありません)

思わずツマミを多めに頼んでしまう呑める中華屋『G』の評価

オヤジナリティー ★★
家計貢献度    ★★
エロテイスト   

『いい店の情報を聞きました』

 呑み友達のT氏からラインがきた。そりゃあもう明日にでも行きましょうよ! って話はすぐに決まり、翌日午後6時頃。待ち合わせの、その“いい店”の前にやってきた。

 場所は東急目黒線の武蔵小山。有名な商店街からはちょっと離れた、駅から5分程の大手スーパーの前にその店はあった。店名は『G(仮名)』。

『呑める中華屋らしいんですけどね』

 T氏がラインで言ってたた通り、赤いテント看板には“九州ラーメン”なんて書いてある。間口一間くらいのファザードは、かなりいい感じでうらぶれていて、入口の引き戸の半分は置かれた自転車で隠れてる。

 古い店だとか、汚い店が無条件にイイ店とは思わないけど、その手の店の中にはなんともいえないオーラのある店があるじゃない? なんつうんだろ、

「無理して客に来てもらわなくてもいいよ!」

 みたいなムード。変に客にヘイコラして営業モード全開でがんばるよりも、ただひたむきにオレは料理を作ってんだよ! っていうなんかガンコというよりも、不器用な店主の香りっていうんですかね。そういをムードは好きなんだよね。まぁまだ店内に一歩も入ってないんでなんともいえないんだけどさ。

 そんな思いで自転車の横をすり抜け、ガラガラ〜と引き戸を空けると、目の前のテーブルにT氏はすでに座っていた。

「先やってま〜す!」

 見るとチューハイらしきグラスに、お通しと思われる柿の種の小皿、さらに食べかけのチャーシューっぽい料理がテーブルに並んでいた。

 いきなりいいよね、柿の種のお通し。中華のお店で柿の種! 手を抜いているというよりも、そこまで“手が回らない”という感じがする。

 一点、チャーシューが素晴らしい! ってのは…。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ