人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.22

1日18ℓのパワフルな除湿能力とカビ防止機能を備えたシャープのプラズマクラスター除湿機新モデル

シャープは、パワフルな除湿能力(18L/日)と、上下・左右の広範囲に送風できる「2段ワイド干し」対応により大量の洗濯物の乾燥が可能なプラズマクラスター除湿機『CV-H180』を5月12日より発売する。価格はオープン価格。予想実勢価格は約6万5000円。

本体奥行を約25cmに抑えながら除湿能力を18L/日まで高めたほか、上下・左右自動スイングルーバーで広範囲(横幅最大約165cm/縦幅最大約190cm)への送風が可能となり、「2段ワイド干し」をはじめ、さまざまな部屋干しスタイルに対応。大量の洗濯物を乾燥させることができる。また、少量の洗濯物を急いで乾燥させたい時は、左右ルーバーを中央方向に絞ったスポット送風が有効。同社によれば、子どもの体操服上下なら約40分でスピード乾燥できるという。

衣類乾燥運転が終了しても、雨の日など湿度の高い環境に放置したりすると衣類に湿気が戻り、生乾き臭が発生する「臭い戻り」が起こってしまう。そこで『CV-H180』は、衣類乾燥運転終了後もプラズマクラスターイオンを照射し続けて生乾き臭を消臭する「臭い戻り対策」運転を搭載した。

衣類の乾燥状態が確認できない外出中や就寝中などでも、臭い戻りを気にすることなく便利に活用できる機能だ。また、部屋干しした衣類に高濃度プラズマクラスターイオンを集中的に照射し、衣類の生乾き臭や衣類についた汗臭の消臭、タバコの付着臭※を分解・除去することもできる。

住宅の高気密化や部屋干しの増加などにより、リビングは湿気がたまりやすく、カビが発生・増殖しやすい環境となっている。『CV-H180』は、空気清浄機にも採用している「後ろななめ20度気流」により、大風量で部屋の空気を循環させてよどみを解消。パワフル除湿で湿度を抑え、プラズマクラスターイオンで空気を浄化することでカビの発生を未然に抑える「カビバリア」運転を搭載した。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ