人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.22

Anker史上最高音質を実現した18時間連続再生可能なBluetooth防水スピーカー『SoundCore Pro+』

アンカー・ジャパンは高性能ドライバーとデジタルシグナルプロセッサーを搭載し、最大25W出力で同社史上最高音質のサウンドを実現したプレミアムBluetoothスピーカー『SoundCore Pro+』を開発。Amazon等にて販売を開始した。販売価格は1万3480円(税込)。

 
『SoundCore Pro+』は同社によれば、「これまでに培ってきたオーディオ技術を余すところなく注ぎ込んだSoundCoreシリーズの決定版」。高性能のデジタルシグナルプロセッサーに加え、フルレンジドライバーと高音域ツイーターを2つずつ搭載し、低音から高音までのあらゆる音域で歪みの少ない高音質サウンドを実現(合計25W出力)。さらに低音域はAnker独自技術のBassUpテクノロジーによって強化を図り、小音量でも深みのある、迫力サウンドを追求したという。

さらに8000mAhのバッテリーを搭載し、一度の充電で最大18時間の連続再生が可能。また、同社独自の充電テクノロジー「PowerIQ」搭載のUSBポートからは、スマートフォンやタブレット端末、その他のUSB機器を充電できるため、音楽を聴きながらモバイルバッテリーとしても利用できる。
※スピーカー自体のバッテリー残量はBluetoothペアリング中のiPhoneやiPadからも確認可能。充電対応はiOS 6以上の機器のみ。

頑丈な設計に加え、IPX4の防水性能を備えているため、水しぶきも気にせず音楽を楽しめる。NFC技術とBluetooth 4.2規格を採用しており、ストレスなく手持ちの機器とのワイヤレス接続が可能だ。さらにAUXポートも搭載しているため、AUXケーブルによる接続にも対応する。

本体サイズは約幅204×高さ72×奥行き69mm、約760g。連続再生時間は最大18時間。再生周波数帯域は65Hz〜20KHz。

関連情報

https://www.anker.com/jp

構成/編集部

 

 

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ