人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.20

生活家電やドローンを手がけるシー・シー・ピーがロボット玩具市場に参入

左/『シャベロイドかくぞー』中央/『メイロイドすすむ』右/『シャベロイドまるお』

バンダイの子会社であるシー・シー・ピーは、ロボット玩具シリーズ「ロボラトリー」を立ち上げ、ロボット玩具市場に参入すると発表した。同社では近年のSTEMステム教育(科学・技術・工学・数学の教育分野)への世界的な関心の高まりを背景に、「ロボラトリー」としてロボット玩具を継続的にシリーズ展開。市場規模約20億円のロボット玩具市場でシェアを獲得し、拡大していく、と説明している。

「ロボラトリー」は「創造的で一風変わったロボットシリーズ」というコンセプトのもと、シー・シー・ピーの主力商品である「ラジオコントロールカー」やドローンなどの「フライトトイ」などで培ったノウハウを活用。近未来的でありながら身近に親しめ、子どもたちにとっての友達のような存在となるロボット玩具をラインアップしていくという。

第一弾商品は、おしゃべり・ダンスなどが楽しめる陽気なロボット『シャベロイドまるお/かくぞー』(各2480円)と、おしゃべり・ダンスに加え迷路やラインの上を自走する機能を備えた『メイロイドすすむ』(3480円)。スマートフォンで専用アプリ(無料)をダウンロードすると、無線操縦玩具としても楽しめるなど、ロボット玩具では手頃な価格ながら、豊富な機能を搭載。さまざまな楽しみ方ができる。
以上2点は4月20日より全国の玩具店、百貨店、家電・量販店の玩具売場、雑貨店、インターネットショップなどで発売が開始される。

「ロボラトリー」は今後、5月31日に発売予定の第二弾商品『ラジロイドカプッと!キャメレオン』(5980円)など初年度は7点以上の新商品を発売する予定で、同社ではシリーズ累計売上目標を12億円に設定している。

なお、「ロボラトリー」シリーズは、2018年6月7日(木)~10日(日)に東京ビッグサイトで行われる「東京おもちゃショー2018」のシー・シー・ピーブース(ブース番号:4-05)にて、展示や体験会を実施する予定だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ