人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.20

どこで購入してる?格安スマホと格安SIMの利用実態調査

◆格安スマホの購入場所

格安スマホ・格安SIMカードの購入場所は、「インターネット」が利用者の58.8%、「通信会社の店舗」「家電量販店」が各2割、「携帯専門店、中古家電販売店など」が2.2%。格安SIMカード購入者では「インターネット」が6~8割と高くなっている。

格安SIMカード+端末のセット販売利用者では、「通信会社の店舗」が他の層よりやや高く、「インターネット」が低い傾向に。

◆格安スマホを利用しない理由

格安スマホ非利用者(全体の8割)の、利用しない理由は「現在利用しているもので満足している」が46.5%で最も多く、「通信の安定性や速度に不安がある」「格安スマホを詳しく知らない」「メールアドレスを変えたくない」が各2割弱で続く。

◆格安スマホの利用意向、サービス選定時の重視点

格安スマホ・格安SIMカードの利用意向者は29.4%、男性10・20代で5割弱、男性30・40代・女性30代で各4割、男性60・70代や女性50~70代では各2割となっている。格安スマホ利用者では9割だが、非利用者では約15%。携帯電話・スマートフォン併用者では7割弱、スマートフォンのみの利用者では3割強となっていた。非利用意向者は38.6%。

格安スマホ・格安SIMカード利用意向者の、サービス選定時の重視点は、「月額利用料金」(80.7%)の他、「通信の安定性」「通信速度の速さ」が4~5割、「データ通信容量」「機器や端末の価格」が各3割強で上位にあがっている。女性若年層では「データ通信容量」の比率が高い傾向が見られた。格安SIMカード+端末のセット販売利用者では「機器や端末の価格」の比率が高く、「月額利用料金」に続いて2位にあがっています。格安SIMカード購入者では、「余ったデータ容量を翌月に繰り越し可能」が高くなっている。

< 回答者のコメント >

◆格安スマホについての不安・不満 (全5,296件)
・電波やサービスがどうなのか詳しく知りたい。(男性21歳)
・機種が故障したときなど大手のように保証がしっかりとしていなさそう。(男性38歳)
・事業が途中で廃業し、サービスが無くなってしまうことが、不安に感じます。(男性48歳)
・SPEC不足の懸念。巷のアプリの要求SPECを満たすためには価格がやや高めになってしまう。→格安の意味がない。でもそうしないと動作が遅め。(男性43歳)
・大手キャリアと比較すると、値段以上に通信速度などの不安が大きい。(女性18歳)
・格安スマホにしたいと思っているが、キャリアメールがそのまま使いたいので悩んでいます。スマホ一つのままでキャリアメールを使いながら格安スマホが使える方法があれば知りたいです。(女性24歳)
・格安スマホは実店舗がなかったり、あっても数が少なかったりするので、分からないことやトラブルがあったとき直接見てもらいづらい点が不安。電話やチャットでのサポートはあっても、知識が乏しいので聞きたい内容を言葉で説明する自信がない。(女性33歳)
・詳しい知識がないと扱えないような気がする。(女性55歳)

関連情報

https://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=23606

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ