人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.20

防水防塵性能が進化したフルノシステムズの無線ハンディターミナル『finpad 900f』

フルノシステムズは、無線ハンディターミナルのロングセラーモデルである「finpadシリーズ」の新機種として、「finpad 900f」(フィンパッド)を6月に発売する。(バーコード対応機種「finpad 900f」、 2次元コード対応機種「finpad 903f」の同時発売。価格はオープン)

本製品は、 「つよく、やさしく、うつくしく」を開発コンセプトにしている。業務活用に不可欠な “高い信頼性”と“ユーザビリティ”を徹底追求し続ける「finpadシリーズ fモデル」が、その操作性を向上させながら、美しさも追求した最新のモデルだ。

まず1つめの「つよく」とは、強化された「耐環境性能」だ。従来の「IP54対応」から「IP65対応」へと防塵/防水性能を進化させ、 IEC防塵・防噴流型性能を備えた。これにより粉塵の影響が避けられないハードな現場環境や、雨天時の屋外作業などでも、端末を安心して利用できるようになった。

また、-20℃~50℃と広い温度帯をカバーし、温度変化にも強く、冷凍倉庫(-20℃)と荷さばき室(0~10℃)間の移動時も、結露を気にせずシームレスな運用が可能に。無線LAN通信に関しては、2.4GHz帯(802.11n/g/b)と5GHz帯(802.11ac/n/a)の2つの周波数帯に対応、さらに11ac対応で高速化、電波反射が伴う環境下での通信品質も強化された。“切れない”安定した”通信環境を実現している。

2つめの「やさしく」は、利用中である端末環境の継承実現に関する機能だ。「互換モード」搭載で、サーバソフトのバージョンアップを要することなく、使用中の既存端末環境から「finpad 900f」 への継承が可能。システムへの新機種追加時に、管理者の手を煩わせることがない。

3つめの「うつくしく」は、端末の持つ「高いデザイン性」。ハードな環境にも耐えうる性能を持つ一方で、端末を手にするユーザーの喜びにつながるような美しさ、持ちやすさを実現している。シンプルでありながらも洗練されたデザインが、働く人の毎日のワークシーンを一層豊かに、美しく彩る。

さらに「finpad 900f」は、これら3つの特徴に加え、2018年秋には次のような新機能を搭載予定。IoT技術として注目の集まるBLE(Bluetooth Low Energy 、近距離無線通信規格Bluetoothの低消費電力通信モード)を搭載することで、無線ハンディターミナルが収集するデータ活用の可能性が大きく広がる。今後は「モノのインターネット化」を支えるデバイスとしても、無線ハンディターミナルの新たな活用スタイルへ期待が集まっているのだ。

同社のロングセラーモデルは「finpad 900f」として新たな成長を遂げている。今後、物流業界をはじめ、流通、FA業界などの様々な業種業態で、業務の効率化のみならず、 IoT活用も視野に置きながら新時代のロングセラーモデルとして、さらに選ばれ続けていくことに期待している。

関連情報

http://www.furunosystems.co.jp/

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ