人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.23

シェアリングサービスを賢く使いこなす12の知恵

シェアリングサービスは日本でも利用者が続々と増え、身近なものから意外なものまで、様々なものがシェアされています。すでに積極的に利用している人も、よく分からないという人も@DIMEの記事を参考に賢く利用してみませんか?

 

お得なのはどっち?人気のカーシェアサービス「dカーシェア」VS「タイムズ カー プラス」

春の行楽シーズンを前に、カーシェアリングの利用を検討している方も多いのではないだろうか。

公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団の調査によると、2017年のカーシェアリング登録者数は108万5,922人。カーシェアの利用者は増加傾向にある。

カーシェアリングの魅力は、車を購入し保有するよりも維持費を抑えながら、手軽に車を利用できる点だ。近場への買い物や短い時間のドライブなど、便利さを感じるシーンは多い。カーシェアは、専用のアプリ・WEB上から、思い立った時に24時間車を予約・利用することができる。ガソリン代はかからず、保険に加入する必要もない。

2017年11月、通信会社大手のドコモがカーシェア事業に参入した。入会金・月額を無料としたことで、これまでのカーシェアの常識を覆し話題となった。本記事では、dカーシェアとカーシェア大手タイムズカープラスの特徴を紹介し、利用時のコストやサービスなどを比較した。

 

新規参入が相次ぐファッションレンタルサービスはどこまで使えるか?

個人間売買のほか、オンデマンドで利用できるファッションレンタルも人気のシェアリングサービスだ。

 

家事、育児、スキルをシェアするサービスの使い勝手は?

個人のスキルや空き時間を個人が利用する、C to Cのマッチングサービスが続々誕生。副業したい人にピッタリ!

 

空きスペース活用型のシェアリングサービス採点簿

貸すほうは空きスペースを有効活用でき、借りるほうは必要な時に必要な場所が確保できる、無駄のないサービスだ。

 

参加してみたい?「食べる」をシェアするサービス『みんなの食卓』

 ご存知のように、数年前から「シェアリング」をキーワードとした数々のサービスやビジネスが登場している。

 中でも最近注目されるのが、「食」のシェアリング。例えば「フードシェアリング」は、売る側の都合で廃棄される食べ物のロス(フードロス)を抑える取り組みで、賞味期限が近い商品を販売するサイトが幾つか立ち上がっている。

 もう1つのトレンドは、他人同士が集まって食事を共にするという交流会的なもの。広義にはシニアサークルや子ども食堂も含まれるが、主に30〜40代の層が、自宅やシェアキッチンに集まって料理・会食する場も出てきている。これは異業種交流会といったものとは違い、孤食を避け、人との緩やかなつながりを築くことを主な目的としている。

 

自転車、クルマ、タクシー、話題の乗り物系シェアリングサービス採点簿

ダイチャリ

手軽で便利な移動手段として、広まる乗り物のシェアリング。またデリバリーも、個人が担う時代になってきた。

 

なぜ40~50代はシェアリングサービスに抵抗に感じるのか?

いま、シェアリングエコノミーが推進されており、シェアリングサービスもあらゆるジャンルに広がっている。しかし20代前後のいわゆるミレニアル世代と40~50代ではシェアリングという行為に対する意識がまるで異なることが調査で分かった。40~50代はシェアリングに対して抵抗や面倒さを感じているところがあるようだ。その原因や解決策をシェアリングエコノミーに詳しい識者に聞いた。

 

手軽で始めやすい!遊休資産を有効活用してモノ系のシェアサービスで稼ぐコツ

自宅、クルマ、駐車場などを使わない時間だけ他人に貸す。それだけで大きな収入になる。

 

乗り物、スペース、モノ、スキル、シェアリングサービス急成長の理由

シェアリングサービス

得で便利な新しいサービスとして、注目を集めるシェアリングサービス。なぜ今話題なのか、本当に使えるのか。

 

プロライダーが立ち上げたスノーボードのシェアリングサービス『eFiT-B』

「シェアリングエコノミー」をキーワードにした取り組みが、公共事業やビジネスの様々な分野で活性化している。その1つとして今注目されるのが、レンタル事業。例えばアパレルの世界では、これまで買うのが当たり前だった衣類を、月額制でレンタルできるビジネスモデルが既に軌道に乗りつつある。

 それに似たかたちでこのたび始まったのが、スノーボード・シェアリングサービスの『eFiT-B』。今までは、1枚数万円で買う、あるいはスキー場にて1日数千円で単日レンタルするしか選択肢のなかったスノーボードの利用を、ずっとフレキシブルにそしてリーズナブルにしている。

 

月50万円稼ぐ猛者も!ビギナーにおすすめの「シェア副業」

今ビギナーにおすすめなのは〝シェア副業〟。個人の〝資産〟を他人とシェアして稼ぐという方法。そのコツをレクチャーします!

 

シェアサイクル先進国の台湾でポタリングを満喫する方法

 2017年夏より、中国・北京発のシェアサイクル「モバイク」が札幌でサービスを開始した。モバイクは2016年にスタートした若いサービスだが、すでに5か国160都市以上で展開されている注目株だ。

 日本ではモバイクだけでなく、自治体やセブン—イレブンがシェアサイクルを展開中。そして、今後はメルカリ、DMMなども参入し、日本各地でシェアサイクルサービスがはじまると耳にする。いったいシェアサイクルにはどんなメリットがあり、どんな使い方ができるのだろう? アジアのシェアサイクル先進国である台湾でシェアサイクルが普及するとどんなことができるのか、体験をしてきた。

 

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ