人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.19

体内時計を調節して睡眠の質を改善してくれるPEGASIの『ライトセラピーメガネ』

現在の日本では、 5人に1人が不眠症と言われ、 その割合は年々増え続けている。(※ 厚生労働省による国民健康・栄養調査報告)日本睡眠医学協会の調査によると2020年には、 不眠症に悩む人の数は3000万人を超えるとの報告も。

健康を維持するためには、正しい睡眠サイクルと十分な睡眠を取る必要がある。そこで、PEGASIは睡眠の質の向上に役立つハイテック製品「PEGASIライトセラピーメガネ」の販売を開始した。販売価格は19,800円。

PEGASIライトセラピーメガネは、メラトニンという睡眠・覚醒に関わるホルモンの分泌に合わせた睡眠サイクルを提供してくれるアイウェアだ。ノーベル賞で注目された体内時計のリズムを作る「メラトニン」の分泌を調整しつつ、睡眠の質の向上に役立つハイテック製品となっている。

ライトセラピーとは?

1980年、A・J・Lewyら研究者グループが科学誌「Science」で日光の効用をテーマにした研究を発表したことから、ライトセラピーが広く知れ渡るようになった。Lewyは、被験者に明るい人工灯(通常の室内灯ではなく)を浴びせると、メラトニンの分泌が抑えられることを確認した。後の研究で、サーカディアンリズム(生物時計の概日リズム)の影響から、夜間に脳の松果体からメラトニンが分泌され、入眠を知らせる作用があることが分かっている。

https://youtu.be/ww-lmKAsJmg

アメリカ合衆国ジョンズ・ホプキンス大学と14年間協力してきたPEGASIは、人間の睡眠の質を効果的に改善することができる特定の波長の100%UVフリー青色光を発見し、有害な青色光をろ過し、有益な波長のみを残すことに成功した。PEGASIはアメリカ食品医薬品局に登録しており、アメリカ国立睡眠財団(NSF)のメンバーでもある。

また、ヨーロッパのRoHS&CE、米国のFCCによって認証され、7件の特許を取得済み。 質の良い睡眠がとれれば日中のパフォーマンスもグッと上がる。メガネをダブタッチでON/OFFを切り替えの使用することで、薬に頼ることなく睡眠の質を上げることは最大の特徴だ。

世界最軽量の光線療法用メガネであり、重さはわずか36.9gと非常に軽い。ハイテク採用しており、いろいろな改良や改善を実施してから、1台3役の機能で、使用方法も簡単。

1. 睡眠改善(体内時計リセット):朝7時~9時の時間帯で1日1回約25分間、7日間連続してから効果が見られる。
2. 時差ボケ解消:渡航先の朝に使用。
3. 眠たいと感じた時に装置すると眠気が無くなる。

関連情報

http://www.pegasiglasses.com/

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ