人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.23

読むとビールが飲みたくなる3つの小噺

“ビール腹”という言葉もあるように、メタボ体型の主犯格のイメージもあるビールだが、適量であればむしろ健康にさまざまなメリットがあることが指摘されている。

■ビールが身体に及ぼす好ましい8つの効能

 屋外で飲むビールが美味しい季節になったが、適量のビールは身体に良いという研究が相次いで発表されビール好きを喜ばせているようだ。「NBC News」のサイトでは適量のビールが身体に及ぼす好ましい効能を8つ解説している。

1. 栄養がある
 ビールは飲み物というよりも液体の食べ物であるという形容が相応しいことを多くの専門家が認めている。

 イメージに反し、ビールにはワインよりも多くのビタミンBとタンパク質が多く含まれていて、そのほかにもリン、葉酸、ナイアシンが豊富に含まれいる。また抗酸化物質の含有量もワインと同等である。

2. 肥満を予防する
 これまた“ビール腹”のイメージに反し、適量のビール飲酒習慣を持つ者には肥満が少ないことが指摘されている。昨年のデンマークの研究では、週に1杯以上6杯未満のビール飲酒習慣のある者は、ビールをまったく飲まない者よりも肥満リスクが21%低下することが報告されている。

3. 心臓の健康に良い
 アメリカ心臓協会の2016年の研究では、8万人もの人々の健康診断データを6年間追跡した結果、適度な飲酒習慣が循環器系疾病リスクを下げることを報告している。そしてビールの飲酒習慣を持つ者は心臓疾患での致死率が42%低下することも示している。

4. 骨に良い
 ビールは牛乳よりも骨に良いということだ。2013年の米オーランドの研究では、ビールの飲酒習慣を持つ男性は骨密度が高いことが示されている。ビールに多く含まれるシリコンが骨の形成に好影響を及ぼしているのではないかと説明されている。

NBC News」より

5. 知的能力を高める
 普通は酒に酔えば思考力や判断力が衰えるのが当然に思われるが、適量のビールを飲んだ状態では知的能力が向上するというから興味深い。2012年の研究ではビールを飲んだ者はパズルの課題で成績が良くなることが報告されている。

 またロヨラ大学シカゴ校の研究では適量のビール飲酒習慣を持つ者は、ビールをまったく飲まない者に比べてアルツハイマー型認知症のリスクが23%低減しているということだ。

6. 歯に良い
 2012年の国際的な研究では、ビールが口内環境に悪影響を及ぼすバクテリアの繁殖を抑制できることが報告されている。ビールのこの働きは歯にも歯茎にも好影響を及ぼすということである。

7. 炎症を抑える
 2009年のベルギーの研究では、ビールの原料となるホップから抗炎症化作用のある化学物質(GRα、 PPARα、PPARγ)を発見し、これがビールに多く含まれていることを報告している。ビールは身体のさまざまな疾病の要因となる炎症反応を抑制するということだ。

8. 長寿に繋がる
 2010年のテキサス大学の研究では、適量のビール飲酒習慣もつ者は、まったく飲まない者よりも長生きする傾向があることを報告している。

 ともあれ“適量”であればビールは実に健康に資するアルコール飲料ということになる。“適量”とは具体的には中ジョッキ程度のビールを1日に女性なら1杯、男性なら2杯ということだがこれからの季節、適量を守るのはますます難しくなりそうだが……。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ