人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.22

本の街の新名所!「神保町ブックセンター」は都会のオアシスだ

書店の本をお茶しながら読める神保町ブックセンター。
TEL:03・6268・9064(書店/喫茶室)

あれは一昨年の11月。東京・神田神保町の交差点近くで、長年、本好きに親しまれてきた「岩波ブックセンター 信山社」が惜しまれながら閉店した。本の街・神保町の中でも屈指の好立地にあるだけに、現代の書店経営の厳しさをひしひし感じさせる出来事だった。

その跡地に4月11日、「神保町ブックセンターwith Iwanami Books」がオープンした。書店と喫茶店とコワーキングスペースが入った複合施設だ。名前は似ているが「岩波ブックセンター 信山社」のリニューアルオープンではない。ただし、書店に並んでいるのはすべて岩波書店の本。約9000冊、ズラリと揃えた。

■知のインフラを目指して

運営するのはUDS株式会社。これまでに「キッザニア東京」「代々木VILLAGE」「ホテルカンラ京都」などの商業施設やホテルなどの企画や運営、広くはまちづくりにつながる事業を行ってきた会社だが、書店を手がけるのは初めてだ。

「神保町は世界的に見ても類を見ない本の街。そのポテンシャルを活かしたい」とUDSの中川敬文社長。岩波書店のトレードマーク「種をまく人」と歩を合わせるように「未来の自分の種をまく」をコンセプトにあげ、「本をきっかけに人が集まれる場所。本と人の交流点になることを目指したい」と語る。

近年ブックカフェが人気を呼んでいるが、その立役者の1人、内沼晋太郎氏をアドバイザーに迎えた。内沼氏は下北沢のブックカフェ「本屋B&B」などを運営するブック・コーディネーターだ。

神保町ブックセンターのブック・コーディネートについては、「幅広い出版社の本を取り揃えるより、岩波書店の刊行中の本のほとんどがそろっているほうがユニーク」と語る。
刊行中の本が1万点近くもあるのも創業百年を超える岩波書店ならではだが、そのほとんどが揃っていることに価値があるという。

イベントも楽しみだ。新刊の発売に合わせ著者を招いてのトークイベントや、各分野の人を招いて「私の岩波書店3冊」を紹介してもらうイベントなどを検討中。スケジュールはゴールデンウィーク前後に出る予定だ。

「岩波ブックセンター信山社」時代の書棚がレイアウトを変えながら活用されている。

絵本もズラリ。懐かしさに思わず手が伸びる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ