人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.18

生涯未婚率が上昇している本当の原因

50歳までに1度も結婚したことのない人の割合を示す「生涯未婚率」は、年々上昇している。

しかし、パートナーエージェントが毎年この時期に行っている新社会人を対象にした結婚観や恋愛観に関する調査では、「結婚したい」と考えている新社会人は年々増えているという。

結婚したい若者が減っているのではないとしたら、生涯未婚率が上昇する本当の原因はどこにあるのだろうか?

そこで、パートナーエージェントが40~59歳の未婚男女1,650人に対して行った「結婚観」に関するアンケート調査結果をご紹介しよう。

「結婚したい」と回答した人は、調査を開始した2012年には79.3%だが、2018年には95.9%と、16.6ポイントも増えている。

狭義の意味での「結婚離れ」を「『結婚したくない』という意思を持つ人が増えていること」と定義するのなら、このことから若者の間では「結婚離れ」が進んでいるわけではなく、むしろ逆に結婚したい若者は増えていることが分かる。

未婚でいるのは「出会いがないから」

Q.現在未婚でいる理由。(n=1650)※必須回答・複数回答可

このように、若いころは「結婚したい」と考えている人が多くても、生涯未婚でいる男女もいる。

次は現在未婚でいる40~50代男女に、今も未婚でいる理由はどこにあると思うかと聞いてみた。

 最も多かった回答は「出会いがないから」で、40代男性(37.0%)、50代男性(34.2%)、40代女性(31.8%)ではトップでした。50代女性でも27.2%となり、「結婚したくないから」(30.6%)に続く2位となっている。

「結婚したくないから」と回答したのは、2割前後にとどまっている。このことからも、生涯未婚率の上昇が問題視されるようになった要因としては、積極的に「結婚したくない」と考える人が年々増えている=狭義の「結婚離れ」が加速している、と考えるよりも、「出会いがない」「経済的な事情」など、それ以外の要因が大きいのではないかと推測できる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ