人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.16

フェンダーが60年前に作られた『JAZZMASTER』プロトタイプの完全復刻モデルを発売

フェンダーミュージックは、JAZZMASTERの誕生60周年を記念して60年前に開発されたプロトタイプを完全復刻したモデル「60th ANNIVERSARY ‘58 JAZZMMASTER」を発売した。価格は280,000 円。同時に、9月16日(日)までの対象期間中にJAZZMASTERを購入した方の中から抽選で30組60名様を、11月3日(土)にオープンする一夜限りの「FENDER JAZZ CLUB」へ招待するキャンペーンも開始。第一弾出演アーティストに小沼ようすけと日野"JINO" 賢二が決定している。

60年前の1958年、レオ・フェンダーはジャズプレイヤーのために作り出したJAZZMASTERをフェンダー社のエレクトリックギター製品の最上位機種として発表。その後、サーフミュージックに愛され、90年代にはオルタナティブミュージックのアーティストによってその存在を大きく世に知らしめられた。

オリジナルモデルの‘58 JAZZMASTERはオフセットシェイプとユニークなトーンを奏でるピックアップ、リズム/リード切り替えコントロールといった斬新な機能をフィーチャーし、フェンダーギターとしては初のローズウッド指板を装備していた。今では現存しないそのプロトタイプを、写真や当時の資料、また長年勤務するフェンダーの社員などあらゆる情報から分析し、出来うる限り忠実に再現。

アッシュボディに美しく吹き付けられた2カラーサンバースト、アノダイズドピックガードといった仕様が高級な佇まいを演出し、現行タイプには見られないテレキャスタータイプのボリューム、トーンコントロールノブなどオリジナルな存在感を放っている。この特別なJAZZMASTER には「60th ANNIVERSARY JAZZMASTER」特製ロゴの入ったオリジナルネックプレートが採用され、付属のツイードハードケースの内側にも同様のロゴが刺繍であしらわれている。

60th ANNIVERSARY ‘58 JAZZMASTERは、その発表から60年にわたり、独自の歴史を刻み続けるきっかけとなった、オリジナルのプロトタイプJAZZMASTERへのオマージュ作品だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ