人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.14

アシックス初の子ども靴の旗艦店『ASICS KIDS GINZA』がオープン

アシックスジャパンは、同社初となる子ども靴の旗艦店「ASICS KIDS GINZA(アシックスキッズ銀座)」を4月27日にオープンする。店舗は銀座5丁目の路面店で、店舗面積は約56平方m2。同社子ども靴の商品や世界観を国内外の消費者に向けて発信する場として展開していくという。

同店のコンセプトは「子どもの健やかな成長を足元から応援する」。歩き始めの赤ちゃんから小学6年生までを対象とし、アシックススポーツ工学研究所で子ども特有の足形や動作を研究・分析したデータを基に作製したシューズを幅広く揃う予定だ。子どもの足や動作について研修を受けた専門スタッフが、子どもの足の形や歩き方を一緒に確認しながら、成長に合わせたシューズ選びをサポート。また、同社が独自に開発した足形計測システム「fdigi(エフデジ)」での足形計測サービスを予約制で行なう。このサービスではスキャナーで足裏画像を撮影して、専用ソフトを用いて分析することで、足長はもちろん、重心のかかり方や母趾の変形度合いなどがわかる。

店内は、ホワイトとブルーをベースに木目調の床や什器を配置。さまざまな形を作り出す原型となる丸や四角をモチーフにした、動きのある空間で、子どもの足が成長していく過程を表現している。

なおオープンを記念して、子ども靴のシリーズ「SUKU2(スクスク)」3品番が先行発売される。


ファブレFIRST SL 3
品番:TUF123 価格:5400円(ホワイト×ピンク)
しなやかに曲がる靴底で赤ちゃんの歩きをサポート。


GD.RUNNERBABY SL-MID
品番:1144A004 価格:5400円(ホワイト×シャンパンゴールド、ホワイト×ピンク、ブラック×ブラック)
足首の安定性に優れたミドルカットモデル。

コルセアMINI SL
品番:1144A003 価格:5600円(ホワイト×シャンパンゴールド、ブラック×ブラック)
アッパー(甲被)に軽くて柔らかな風合いのマイクロファイバー(人工皮革)を採用。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ