人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.14

レノボが紛失、情報漏えいなどのトラブルに対応するテレワーク保険付きPCを発売

レノボ・ジャパン(以下レノボ)はビジネス向けノートPCの主力モデルであるThinkPadシリーズの一部に、テレワーク時のPCの紛失、情報漏えいなどのトラブルに対応するテレワーク保険(正式名称:特定危険担保特約付帯サイバーリスク保険)を付帯。ThinkPadを「あんしんテレワークPC」として商品化することを発表した。

テレワーク保険付帯ThinkPadは、ThinkPad X1 Carbon、ThinkPad X1 Yoga、ThinkPad X1 Tablet、ThinkPad X280、ThinkPad X380 Yoga、ThinkPad T480sのLTE搭載の6モデルで用意され、東京海上日動の保険が付帯されることにより、社員が外出時等にPCを紛失し、情報漏えいした際の損害賠償金や各種対応費用を補償する。対象モデルを購入すれば自動的に補償が付帯されるため、保険会社との契約手続きは不要だ。

「あんしんテレワークPC」は4月17日より受注を開始し、同社のThinkPad取り扱い販売パートナーを通じて購入できる。

ThinkPad X1 Carbon

レノボのThinkPadシリーズは、25年の歴史を持ち、軽量、長時間のバッテリー駆動、堅牢性等を特長とする、モバイルPCの定番製品。近年はLTE搭載モデルの拡充や、指紋認証、顔認証といったセキュリティ面など、テレワークの需要に応える機能が強化されている。

ThinkPad X1 Yoga

 

一方でテレワークを広く社内に展開するにあたり、社員の過失により外出先でPCを紛失してしまうことによるデータ消失や、情報漏えいなど、PC自体の機能ではカバーしきれない経営上のリスクやそれにかかるコストを懸念される声が、日本国内のユーザーから特に多く同社に届いているという。実際、総務省発表「ICT利活用と社会的課題解決に関する調査研究」(平成29年)によれば、テレワーク未導入企業の43.2%が「セキュリティの確保」を課題に挙げている。

今回のあんしんテレワークPCはこうしたユーザーの声に応える日本独自のサービスで、ThinkPadのモバイル性、堅牢性などを補完し、お客様にさらに安心してテレワークを導入するためのソリューションといえる。

テレワーク保険の詳細

会社から貸与されるモバイルPCの利用時の情報漏えいに起因する各種損害に対し、モバイルPCの購入企業が負担した損害賠償金や原因調査費用等を補償する。例えば、モバイルPCのウイルス感染時の調査費用や、PCの紛失により情報漏えいした際の損害賠償金や被害者への見舞金等の対応費用が補償対象となる。

関連情報

http://www3.lenovo.com/jp/ja/

構成/編集部

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ