人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.13

スマートドライブがコネクテッドカーを毎月定額で利用できる新サービスを受付開始

スマートドライブは、最新のIoTデバイスを新車に標準搭載し、安全運転をすることで独自のポイントがたまるサービス等を、最短1年から毎月定額で利用できる業界初のコネクテッドカーサービス『SmartDriveCars』を立ち上げ、先日より申し込み受付を開始した。

「コネクテッドカー」とは、インターネットへの常時接続機能を具備した自動車のこと。2016年のコネクテッドカー関連市場の規模は3980億円で、2025年には2兆円規模に成長する見込みと発表されている(※)。自動運転、安全性向上、車内エンターテイメント、快適な運転、車両管理、走行管理など様々な分野で発展すると期待されており、自動車業界はもちろん、様々な業界から大きな注目を集めている技術だ。
※矢野経済研究所調べ

スマートドライブでは、自家用車にデバイスを装着してアプリと連携させることで運転を診断してくれる「DriveOn」、法人の営業・運送車両などにデバイスを装着してクラウド管理する「DriveOps」を提供中だ。これまでに約2万台近い車のデータ収集・解析をしており、ドライバーがより安全でエコに運転できるようになるような運転スキル診断や、多くの車両を経済的かつ効率的に管理するサービスを運営している。

そして今回、これまで培った技術やノウハウを活かして、さらに進化したデバイスを厳選した新車に初期搭載。「コネクテッドカー」として最短1年から毎月定額で利用できる新サービス『SmartDriveCars』に関して、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県にて申し込み受付を開始した。

また、本サービスの開始にあたり、先行ユーザープログラムを実施する。本プログラムでは、2018年6月30日までに契約を締結して、フィードバックインタビューや座談会の参加等のサービス向上に協力すると、最大2万円相当のSmartDriveポイントを還元するというもの。
同社では「『SmartDriveCars』 によって、「コネクテッドカー」をより生活に根付いたサービスとして普及させていくべく、継続的なサービス向上プログラムを行なってまいります」とコメントしている。

■「コネクテッドカー」ならではのサービス展開

 サービス開始当初は、安全運転をすることでSmartDriveポイントを貯めることができる機能や、車に関する情報(契約情報、走行履歴、車検やメンテナンスのスケジュール等)をスマホでいつでも閲覧できるというようなメニューがあり、その他の新機能も順次拡充していく予定。貯まったポイントは、「Amazonギフト券」や「WAONポイント」などに交換することができる。

※アプリ画面イメージ (テスト版のため、仕様・画像は変更になる場合があります)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ