小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「IKEA of Sweden」でIKEAデザインの本質を学んできた!

2018.04.22

 食事も終わり、始まったのが“Life at Home Hackatho”。IKEAのビジョン「より快適な毎日を、より多くの方々に」を実現するために行うカンファレンスだ。ここでは、暮らしの調査結果が発表される。

 行く前はTEDのような賑やかな発表会をイメージしていた。しかし、現実は至極シンプル。日常業務の延長のように始まる。

「暮らしの中で、なにが幸せかどこがフラストレーションかを調べている」とプレゼンター。日本を含む世界22カ国約2万1000人にヒアリングをした中で、近年増えたのが「ミニマムに暮らしたい」といった要望だと云う。日本で“ミニマリスト”が話題となっているが、それは世界的な傾向だと知る。そして、スライドに映し出されたのが石器。プレゼンターが「昔は石器だけで、シンプルに暮らせてたのにね」と呆れたように手を広げる。

 モノを買うことにプレッシャーを感じるが、つい増えてしまう。「お母さんがくれたイスだから」とモノに感情を込めてしまうこともある。「現代人はモノに対する気持ちが複雑になっている」と説く。

 モノの距離感をコントロールしていくことが重要だと締め、発表は終わった。

 続けて、もう1人が行ったのは“フードコンテナー(食品保存容器)”に関する調査発表。「世界の食料のうち3/1は捨てられているんだ」からスタートし、話は食事の保存方法へ。

 そしてメインテーマとなる“フードコンテナー”へと展開する。「食事を作って、食べて、保存する。それをマネージメントすることが本当にできているのか?」とプレゼンター。現在の保存容器が抱えるフラストレーションを紐解く。

 スライドに映る大量の保存容器を指差し「多くの保存容器はサイズによって、フタの大きさが違います。仮にフタをなくした場合は使えなくなります。様々な大きさの容器に対応できるフタがあれば便利だと思いませんか?」と3Dプリンタで作ったという試作品を見せる。

 日々こういったトライアルをし、商品開発をしているIKEA。世界規模で調査している人と暮らしの関係。他の企業では得難い、この情報こそIKEA最大の武器だと云う。(余談だが、IKEA社員のプレゼンは超上手い。喋っている内容がわからないのにも関わらず、見ていて飽きなかった。)

 プレゼンが終わると、一行は一階へ移動。立ち机が並ぶワークスペースに通される。そこでやっとチームに分かれた意味を理解した。

 一机、一チーム分かれてワークショップを実施。しかも、約2時間を超える長丁場! チームに加わったIKEAスタッフ先導の元で「ミニマム」をコンセプトとした商品を考える。

 初めは2時間以上もやると想像もしていないので、遊び半分でやっていた。だが、参加しているうちにガチなワークショップだと理解。

 以後、これ以上ないほどにマジメに取り組む。相当疲れたが、IKEAの現役デザイナーのアイデアが見られたりと、貴重な経験ができた。


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。