小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

IKEAの聖地スウェーデン・エルムフルトに行ってきた!

2018.04.12

■2日目

 朝、目覚めて自室の窓から景色を眺める。薄いブルーの空色に反射した雪面、葉が落ちた木々。色が日本と違うと再確認する。

 朝食をとりにレストランへ、バイキングを堪能。

 出発時間にはまだ余裕があったので、外に散歩に出た。凍てつくような寒さが肌を刺す。しかし、事前に買った高いモモヒキが効いたので、そこまでの寒さではない。キチンと準備をしていけば、苦じゃない寒さである。

 ウロウロしていて驚いたのは、自転車通勤をする人の多さ。かなりの雪が残っているのにも関わらず、自転車を飛ばす。

 出発時間の9時となったので、待ち合わせ場所のエントランスへ。取材メンバーと合流し、「エルムフルト」のバス停に向かう。駅前広場はがらんどうとしており、我々以外誰もいない。貸切状態のバスに15分ほど乗り、イケア1号店IKEA Älmhultへ。

 オープン時刻は9時半、その少し前に到着したのにも関わらず、もう客がチラホラ。細かな違いはあるだろうが、店の雰囲気は日本と一緒。置いてある商品は世界共通だ。その中で大きく異なっていたのが、IKEA名物のルームセット。

「お国柄に合わせてセットが組まれるんです」とイケアPRのMさん。「こんな暮らしがしたいな」と唸らせるのが理想のルームセット。しかし、本家のルームセットは僕からすれば理想を超えて非現実的。カッコ良いんだけど、再現は難しい。まず部屋の広さから違うからね。

 冬が長いため、家の中で過ごす時間が多いスウェーデン人。外で遊べない代わりに家を彩る。飽きないための部屋ゆえ、色味や小物遣いに奇抜なセンスが光る。

 IKEA1号店は、観葉植物コーナーも充実していた。これも「部屋にいながら屋外の雰囲気を感じたい!」というスウェーデン人のニーズに応えた結果だとか。ラインナップは専門店並みの充実していた。日本のイケアでは、なかなか見ない生花も取り揃える。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。