人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.17

花見に対する意識がどこよりも高い青森県民の真実

 最近は桜の開花時期、日本に向かう飛行機がハイシーズン料金になるほど、世界的に注目されているお花見。このイベントに一番情熱をかけているのは、どの都道府県なのか。

 結果は、Data1を見ていただければ明らか。全国で一番お花見に対する意識が高いのは青森県だ。

 青森では大型連休と、お花見のシーズンが重なることや、ゴールデンウイークの人出予想で、弘前市の「弘前さくらまつり」が必ず出てくるなど、上位にランクインする理由は推察できるが、なぜ、予算もナンバーワンなのか。

 そこで、お花見に欠かせないお酒を見ると(Data2)、青森市は、購入金額が全国第3位。しかも、意外にもほかのお酒より割高なウイスキーの飲酒量は青森市が全国トップ。桜の下でウイスキーという大人の愉しみを知っているからこそ、予算も増えてしまうのかもしれない。

【 Data1 】春が待ち遠しい!
青森県民は花見にかける気合いが半端ない!

■花見の予算が多い都道府県

花見の予算が多い都道府県

■花見の場所取りの時間が長い都道府県

花見の場所取りの時間が長い都道府県

■花見を楽しむ時間の長い都道府県

花見を楽しむ時間の長い都道府県

岐阜県は、樹齢1500年以上の巨木で国の天然記念物の淡墨桜や、白川郷の桜など、花見スペースが狭い場所に有名な桜があるため、場所取りに時間がかかっていると思われる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ