人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.11

新生西野JAPANがミラクルを起こすために必要な3つの条件

■連載/元川悦子「ロシア戦記」

 2018年ロシアワールドカップ本番を2か月後に控えた9日、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督を7日付けで解任したことを発表。同時に西野朗技術委員長を緊急登板させることを明らかにした。

「3月のマリ・ウクライナ2連戦(リエージュ)で監督と選手の信頼関係が薄れた」と同会長は解任理由を語ったが、チームが危機的状況に陥っていたのは間違いない。選手の中にはハリルホジッチ監督の「タテに蹴り出せ」という指示を消化しきれず、困惑を露わにする者も複数いた。「チームが1つの方向を向いていなかった」と山口蛍(C大阪)がマリ戦後に嘆くなど、ハリルジャパンで経験豊富な選手も戸惑いを口にしていた。こういった部分が「信頼関係の低下」と判断されたのかもしれない。

Photo:GETTYIMAGES

西野朗新監督/にしの あきら
埼玉県浦和市出身の63歳。柏レイソル、ガンバ大阪、ヴィッセル神戸、名古屋グランパスの監督を歴任。Jリーグでの実績は誇れるが、海外経験がほとんど無いことが危惧される。

■2010年岡田JAPANの再現は可能なのか!?

 いずれにせよ、本大会は西野体制で挑むことになった。96年アトランタ五輪でブラジルを撃破した「マイアミの奇跡」の立役者である同監督は柏レイソル、ガンバ大阪、ヴィッセル神戸、名古屋グランパスと4つのJ1クラブを指揮。ガンバ時代の2008年にはアジアチャンピオンズリーグ王者へと導くなど、日本人では極めて経験豊富な指揮官として知られる。過去2年間、ハリルジャパンと行動を共にし、チーム作りの流れや過程も全て把握している点も心強い。その反面、ワールドカップの大舞台で采配を振るったことがないという懸念材料もある。そんな彼が絶体絶命の窮地から日本代表を救えるのか。手腕が大いに問われるところだ。

 西野新監督が今、参考にすべきなのは、同じく崖っぷちに立たされながら、大会直前にチーム全体をガラリと変えたことでベスト16入りを果たした2010年南アフリカワールドカップの岡田武史監督(現FC今治代表)のチームマネージメントだろう。

 8年前を改めて振り返ってみると、この年の日本代表は槙野智章(浦和)、吉田麻也(サウサンプトン)ら若手主体で挑んだ1月5日の2011年アジアカップ予選・イエメン戦(サナア)を3-2と勝利。幸先のいいスタートを切った。しかし、2月の東アジア選手権(東京)で中国にドロー、韓国に敗戦を喫したことで一気に雲行きが怪しくなる。当時欧州組だった中村俊輔(磐田)や長谷部誠(フランクフルト)らは不在だったものの、中澤佑二(横浜)や田中マルクス闘莉王(京都)らDF陣、遠藤保仁(G大阪)や中村憲剛(川崎)ら中盤、岡崎慎司(レスター)や大久保嘉人(川崎)らFW陣も出場していただけに、先行きが大いに不安視された。

 この後、3月のアジアカップ予選・バーレーン戦を2-0で勝ち、一息ついたように見えたが、「国内組の最終テスト」として4月に急きょ組んだセルビア2軍とテストマッチを0-3で落とすと、チームは混迷を深める。不穏な空気を拭えないまま、指揮官は代表メンバー23人を決定。5月24日の韓国との壮行試合を戦ったが、日本はいいところなく宿敵に0-2で完敗を喫する。3月に国内復帰し、万全の状態で集大成の南アへ向かうはずだった中村俊輔が「今まで積み重ねたものが消えてきている」と悲壮感を露わにし、岡田監督が進退伺を申し出るなど、とても3週間後に本番を戦える状態とは思えなかった。

 直後に事前キャンプ地のスイス・サースフェーへ移動。30日のイングランド戦を前に選手ミーティングが行われ、闘莉王が「俺たちは弱い。このままじゃ勝てない」と口火を切った。多くの選手が賛同し、指揮官も意見を受け入れる。高い位置からプレスをかけて攻めを仕掛けるという理想を捨て、自陣に引いて守る戦いに流れが大きく変わったのだ。

 同時にキャプテンを中澤から長谷部へ変更。GKを楢崎正剛(名古屋)から川島永嗣(メス)に代え、中村俊輔を外して本田圭佑(パチューカ)をレギュラーに抜擢するという大胆な戦力入れ替えを断行する。さらに南ア入りしてからは、4-2-3-1の基本布陣を阿部勇樹(浦和)をアンカーに据えた4-3-3へと変更。守備的布陣を一段と鮮明にした。この春にCSKAモスクワでブレイクした本田圭佑(パチューカ)の1トップ起用というのは大博打でしかなかったが、それが6月14日の初戦・カメルーン戦で的中。本田が決勝点を奪うのだから、ミラクル以外の何物でもなかった。結局、下馬評では「1次リーグ敗退確実」と言われたチームがグループ1位通過。ラウンド16でパラグアイにPK負けしたものの、ワールドカップ最高成績を残すことに成功したのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ