人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.16

無骨な雰囲気がカッコいい!鉄で作られたインテリア雑貨5選

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

金属の価値というのは必ずしも希少価値とは相関しないのではないだろうか。金、銀、プラチナの希少価値が高いのは疑いようもないが、日常生活の中で金の価値が高いかというと必ずしもそうではなく、むしろその扱いやすさと硬度から鉄の方に軍配が上がる。今回紹介するのはそんな鉄を素材にした雑貨たち。その多くが素材に鉄のみを使用しているのでシンプルで隙がなく、無骨な雰囲気が何ともかっこいい雑貨たちばかりだ。

■鋳鉄製のラバのオブジェ『Ettore』

「Konstantin Gric」がデザインしたこちらのオブジェのモチーフはラバだ。日本ではあまり馴染みのない動物であるが、ヨーロッパでは頑健で利口な家畜として親しまれているようである。イタリアの家具ブランド「Magis」の設立40周年を記念してそのアイコンをモチーフにしたとのこと。ポリゴン風の単純化されたデザインなので良い意味でラバらしさというのは薄れ、家畜系のアイコンをオブジェにした印象だ。重量もあるのでドラストッパー、ブックスタンド、ペーパーウェイトとしての用途にも使えそうだ。価格は税込み20,520円。「Generate Design」のオンラインストアから購入することが可能だ。

■鉄製のトイレットペーパーホルダー『TOILET PAPER HOLDER』

見た瞬間に思わず「これ欲しい!」と思うものに出会うことがたまにあるが、このトイレットペーパーホルダーもその1つ。シンプルなデザインで土台からフレームの部分まで鉄だけで出来ており、先端には使用するトイレットペーパーを、軸の部分にはストック用のトイレットペーパーをセットして使用する。先端のトイレットペーパーを使い終わったら、そのまま軸に通してあるトイレットペーパーをスライドさせて先端部分にセットすればいい。トイレットペーパーに限らず、ティッシュ、ゴミ袋など欠けると困る消耗品というのは家の中に予備のものをストックしておくものだと思うが、これらが意外と場所を占有する。そんな時に見せる収納のできるこんな製品があるとスペースの節約につながる。特にトイレットペーパーについてはトイレの四隅といったデッドスペースが活用できるのでそこから得られるメリットは大きい。こちらの価格は税込み4,860円。楽天市場から購入することができる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ