人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

フランス流の実用的なラゲッジとリアシートが特徴的なルノーの新型SUV『カジャー』

2018.04.06

上質で快適なコックピット

ダッシュボード上部を囲むシルバーのベゼル、センターコンソール両脇に配されたサテンクローム、フルレザーシート(前席シートヒーター付)、ナパレザーステアリング、ナパレザーシフトノブ、 ダブルステッチを施したフロント左右ドアとセンターに配されたレザー調インナーハンドルと メータークラスターが、室内の上質な雰囲気を作り出している。運転席は、ドライビング ポジションの微調整が可能な電動シートを採用している。

そして『カジャー』は、気分に合わせてカラーや表示を自在に変更できる、フルカラーTFTの メーターパネルを搭載。表示できるカラーは、レッド、ブルー、ブラウン、グリーン、 パープルの5色で、メーターパネル中央の画面には、スピードメーター、タコメーター、オーディオ、運転支援システム(ADAS)を表示することができる。

ステアリングホイール上には、トリップコンピューター、メーター表示やカラーの設定/変更、 ハンズフリー電話、クルーズコントロール・スピードリミッターの操作が行えるスイッチが配され、 ステアリングから手を離さずにこれら機能の操作を行うことができる。
そして、センターコンソールの7インチマルチファンクションタッチスクリーンで、 マルチメディア操作や車両をコントロールするシステム「ルノー R-Link2」も装備された。

フランス流の実用的なラゲッジ&リアシート

『カジャー』には、一緒にヴァカンスに出かける家族や友人の人数や、荷物の量に合わせて、最適なスペースを作り出せるラゲッジとリアシートが備えられている。
6:4分割可倒式リアシートは、ラゲッジ両サイドにあるハンドルを引くと、それぞれ別々に、簡単に倒すことができる。ラゲッジには、前後2枚のラゲッジボードが開口部と同じ高さに設置され、通常時はラゲッジは上下2分割されている(イージーフォールディング機能)。この状態でリアシートを倒すと、フル フラットのラゲッジスペースとなる(フラットモード)。


フルフラットの状態から、2枚のラゲッジボードをラゲッジ床面に設置すると、ラゲッジ容量はさらに拡大する(最大積載モード)。
リアシートを起こした状態で、2枚のラゲッジボードのうち奥側1枚をラゲッジ床面に設置し、 手前の1枚をラゲッジ中央に垂直に設置すると、ラゲッジが前後に2分割され、スーパーマーケットの買い物袋などの転がりやすいものを収納するのに便利なスペースを作り出せる(垂直モード〈2分割〉)。
ラゲッジ容量は、通常時で527L、リアシートを倒すと1478Lだ。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。