人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これぞ究極のSUV!最高出力590ps、最高速度300km/h超のマセラティ『レヴァンテ トロフェオ』

2018.04.05

フロントバンパーの両脇に新たに設けられたサイド・エアインテークは、デザインをよりアグレッシブに見せているとともに、ウィングによってスタビリティを向上させ、視覚的にはフロントノーズの重量をフロント・ホィールへと押し出しているように見せている。そして、カーボンファイバー製のセンタースプリットおよびサイド・ベゼル・ブレードによって空力性能もより高いものとなっている。


リヤデザインは、カーボンファイバー製のリア・エクストラクターとボディ同色のリヤバンパー内に収められた4本出しのオーバルのエグゾ―スト・パイプによって、より力強い印象を与えられている。

さらにフロントグリルにはピアノ・ブラックで仕上げられたダブル・バーティカル・バーが配され、下部はハニカムメッシュデザインを採用。また、ボディ同色のドアハンドル、ダーク・カラー仕上げのエグゾ―ストパイプ、カラーキャリパー、Cピラーに配されたトロフェオ専用のサエッタロゴが、そのデザインをさらに特別なものにしている。

マセラティのエンジニアはクランクケースデザイン、クランクシャフトアセンブリ、オイルポンプと補器ベルト、およびワイヤー・レイアウトを新たに設計し、Q4インテリジェントAWDシステムに対応する強力な3.8リッターツインターボV8エンジンを開発した。
新しいターボチャージャーと新設計されたカムシャフトとバルブを擁するシリンダーヘッドは吸気フローを向上させ、ニューピストン、コネクティングロッド、エンジンキャリブレーションマッピングと組み合わせて最大出力目標に達することができる。
操作性の向上のために再設計されたギアシフトレバーは、改良されたZF製の8速ギアボックスを制御する。

他のレヴァンテモデルと同様に『レヴァンテ トロフェオ』もまた理想的な51:49の前後重量配分で、完璧にセッティングされたダブルウィッシュボーン・フロント・サスペンション/マルチリンク・リア・サスペンションと、22インチの鍛造アロイホイールに取り付けられた大口径タイヤと相まって、非常にバランスの取れたハンドリングとスタビリティを実現している。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。