人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.05

ファーウェイがコネクテッドカーソリューションを搭載した初の自動車『DS 7』を公開

ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は3月29日、中国・青島で開催した同社法人向けICT ソリューション事業グループのパートナーカンファレンスにおいて、同社のコネクテッドカーソリューションを搭載した初の自動車『DS 7』を披露した。『DS7』は、2017年11月に発表されたファーウェイと仏グループPSAによる世界最大のOEMコネクテッドカープロジェクトにおける最初の協業の成果であり、同社では「ファーウェイのコネクテッドカー分野への継続的なイノベーションと投資へのコミットメントを裏付けるものです」とコメントしている。

自動車業界はいま、需要の高まりや技術発展という機会を捉え、コネクテッドカーの実現に向けて進化しつつある。ファーウェイのIoT プラットフォーム「OceanConnect」を基盤としたコネクテッドカーソリューションは、同社が中国国内で提供するパブリッククラウドや世界各国の通信事業者によるパブリッククラウド上でビジネスイネーブルメントスイートを提供し、移動サービス、カーメンテナンスサービス、フリート管理、シェアリース、利用ベース保険などの実現を支えている。
ユーザーは自動車という物的資産を安全で信頼性と効率性に優れた方法でクラウドに接続することで、デジタル資産という価値を抽出することが可能となる。同時に、自動車メーカーは事業に有益なデータ資産の活用に加え、エコシステムを構築し、ビジネス変革を加速することができる。

ファーウェイ IoT プラットフォーム プレジデントの郭瑾(グォ・ジン)氏は、今回の発表に関して次のように述べている。
「ファーウェイのコネクテッドカーソリューションは、データ収集、人工知能(AI)・ビッグデータ解析、セキュリティ配備、エコシステムという自動車メーカーの4つのニーズに重点を置いて設計されています。当社は上位層のアプリケーション開発やユーザーデータに関与することはなく、データの統治と管理はお客様のみが行います。通信技術における数十年に及ぶ知見と170か国以上を網羅するサービスネットワークを活かし、自動車メーカーによるビジネスチャンスの探究を支援していきます」

一方、DS コネクト CTO ローラン・フォーチュン(Laurent Fortune)氏は次のように話す。
「当社のコネクテッドカーモジュラープラットフォーム(CVMP)『DS Connect』は、まもなく世界各地で利用可能となり、DS ブランドで革新的な体験を提供します。『DS 7』は容易な移動、セキュリティ保証、安心のカーメンテナンス、相互接続によるシェアリング、魅力的なライフスタイルという5 つのサービスを実現します。『DS 7』によって人と自動車との関わり方がより良くなることを実感し、嬉しく思っています」現在、利用可能なサービスには、緊急通報、スマートパーキング、車両の状態監視、運転評価、ニュースとエンターテイメント、コンシェルジュサービスなどがあります。DS は、引き続き自動車と生活を多様なモノに接続することで、お客様の嗜好に応じたさまざまなカスタマイズサービスを提供できるよう、探究していきます」

『DS7』は、すでに先行予約の受付が開始され、4月25日から開催される「北京国際自動車ショー(Auto China 2018)」で正式に披露される予定。ファーウェイのグローバルプラットフォームは、今後グループPSA から発売されるすべての自動車を支えていく、としている。
さらに同社では、「このパートナーシップを通じて、2020 年までに8 つの地域でグローバルプラットフォームを運営し、170 を超える国で1000万以上のコネクテッドカーにサービスの提供を目指しています」とコメントしている。

関連情報

http://www.huawei.com/jp/

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ