人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.05

ASUSが最新CPUと高性能グラフィックスを搭載した世界最薄のゲーミングノートPC『Zephyrus M』を発表

ASUSはゲーミングシリーズ「ROG」より、第8世代インテル Core i7-8750HプロセッサとNVIDIA GeForce GTX 1070グラフィックスを搭載した世界最薄のゲーミングノートPC『Zephyrus M』を発表した。日本における発表・発売は未定。

Zephyrus Mは、リフレッシュレート144Hz、応答速度3msで、NVIDIA G-SYNCテクノロジーを採用したIPSレベルの超高速液晶ディスプレイを搭載。また、新しいActive Aerodynamic System(AAS)により、高負荷での冷却性能を向上させた。さらに、ROG独自のソフトウェアでCPU内蔵のグラフィックス性能も利用可能な省電力での動作を実現する「Optimusモード」と、G-SYNCも利用可能でGeForce GTX 10シリーズグラフィックスカードのパワーを最大限に引き出す外付けグラフィックス性能を使用する「Discrete Graphicsモード」の切り替えをコントロールすることが可能だ。

『Zephyrus M』は、16GBのDDR4 2666MHzデュアルチャネルメモリ、第8世代インテルCore i7-8750HプロセッサとNVIDIA GeForce GTX 1070グラフィックスを搭載。ゲーミングデスクトップレベルの性能をゲーミングノートPCで実現した。また、最大512GBのM.2 NVMe PCIe 3.0 x4 SSDと1TBのSeagate FireCuda SSHDの最先端のストレージにも対応する。

『Zephyrus M』は、リフレッシュレート144Hz、応答時間3msで、NVIDIA G-SYNCテクノロジーを採用したIPSレベルの15.6型の超高速液晶ディスプレイを搭載しており、カクツキのない、驚くほど滑らかな画面表示を実現する。NTSC比72%の広色域に対応し、高いコントラスト表現と色再現を可能にした。また、ワイドビュー技術により、最大178°の視野角でも色を忠実に表示する。

最先端のAASにより、『Zephyrus M』は性能を損なわずに低温・静音動作が可能だ。天板を開くと、高さ9mmのエアチャンバーにつながる底面の通気孔が姿を現す。これにより従来設計のノートPCと比較して、通気スペースは20%、エアフローは最大32%向上し、内部温度は最大20%低減したという。
さらに4象限防塵設計により、ホコリなどがシステムに入り込むのを防ぎ、特許を取得したAnti-Dust Coolingシステムで、ホコリなどをトンネルから排出して放熱フィンにホコリが堆積することを防止。システムの安定性と寿命を高める。そして2つの高性能デュアルアウトレットファンが、超薄型フィンから風を送り、独自のヒートパイプ構造でCPU、GPU、コンポーネントを個別に冷却する。

『 Zephyrus M』は、ROG独自のソフトウェアによりOptimusモードとDiscrete Graphicsモードの切り替えが可能だ。Optimusモードでは、NVIDIA G-SYNCを無効にし、Wi-Fiでインターネットを閲覧したときのバッテリー駆動時間を最長6時間に延ばす。一方、G-SYNCを利用可能なモードでは、NVIDIA GeForce GTX 1070グラフィックスカードの性能を最大限に引き出し、最高のゲーミングエクスペリエンスを提供。どちらのモードもROG Gaming Centerから簡単にアクセスできる。

Aura Syncにより、発光パターンをカスタマイズし、ゲーミングマウス、ヘッドセット、キーボードなど、他のAura Sync対応周辺機器と同期。Aura Syncでは、「Color cycle」、「Music effect」、「CPU temperature」など、独自のプリセット発光モードに加えて、独自の配色も設定できる。

本体サイズは約幅383×高さ19.8×奥行き261mm、約2.49kg。

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ