人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.04

イオンがレジで現金を引き出せるキャッシュアウトサービスを開始

近年、電子マネーや決済対応アプリ、仮想通貨の出現などで社会の“キャッシュレス化”が目立つ。しかしその一方、郊外や過疎化・高齢化が進む地域では、未だ都心ほどキャッシュレス化が進んでいるとはいえない。「現金を使う分だけおろしたいが、身近な場所ATMが少ない」「買物をする前にわざわざATMに立ち寄ることが面倒」といった声が多く聞かれるのが現状だ。

自身を振り返ってみても、近場のスーパーに買い物に行った際、会計時にお金のおろし忘れに気づき、クレジットカードで精算…そんな経験を持つ人は多いのではないだろうか。

今年4月2日(月)、イオンリテールが一部レジでの新たな決済方法を発表した。現金を持たずともキャッシュカードで支払いができる「Jデビット」決済だ。これにより買い物代金が会計時に金融機関の口座から即時に引き落とされるため、クレジットカードにありがちな「使いすぎた」「翌月の支払いが膨らんだ」という心配もない。お金を引き出す時間や手数料の節約になるのも魅力だ。

さらに、店舗のサービスカウンターや一部の移動販売車で「キャッシュアウト」のサービスを開始。買い物時、1,000円単位で30,000円までの現金引き出しが可能になる。また、引き出しサービスカウンターの営業時間・各金融機関の「Jデビット」利用可能時間ならいつでも可能。サービス開始の今なら引き出し手数料が無料という点も嬉しい。

両サービスは、本州の「イオン」「イオンスタイル」「イオン気仙沼店の移動販売車」の43店舗で実施。今後は2020年2月末までに本州・四国の「イオン」「イオンスタイル」約400店舗へ順次導入する見込みだ。

【2018年4月2日先行導入店舗】2府12県、イオン気仙沼店の移動販売車を含む43店舗

※「イオン気仙沼」は移動販売車のみの導入

キャッシュレス化が進む傾向にあるなか、「代金の支払いは現金で」という従来通りの方法を好む顧客が多いのも事実。各方面から顧客ニーズに応えていくことが、今後の小売業を支えていくといっても過言ではないだろう。

関連情報
http://www.aeonretail.jp/

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ