人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.02

最も精度が高くて使えるのはどれ?英会話翻訳機の最新モデル3機種を徹底比較

昨年末の『ポケトーク』発売を皮切りに、続々と登場している英会話翻訳機。いずれの製品も複数言語に対応しているが、今回は使う頻度の高い英語機能について検証した。

【 わかりやすく簡潔に話そう 】

英会話翻訳機

◎機械翻訳の域を出ない。話し方にひと工夫を

 翻訳機というからには、日常会話や会議などにも使えるかなと期待しましたが、いずれも旅行会話レベル。双方向の『ポケトーク』『Langie』は、長文もある程度対応するものの、〝rain check(また今度)〟のようなスラングではないが、ネイティブが頻繁に使う言い回しを正しく翻訳できませんでしたし、〝reschedule〟は〝再スケジュール〟とそのまま訳されてしまいました。ひとつひとつの言葉に関係性をもって訳すことが不得意な印象です。『ili』は操作が簡単、反応が速いという点は評価できます。翻訳機というより音声版・旅行会話集って感じですね。

 いずれも、考えながら話したり、ネイティブのスピードで話すと誤訳されやすいので、伝える言葉を事前に決め、ゆっくり明瞭に、長文は回数を分ける、スラングや複数の意味を持つ言葉は避けるなど工夫する必要がありそうです

アンドリュー・ホールさん
翻訳会社経営/アンドリュー・ホールさん

翻訳、出版会社「フェーズシックス」代表取締役。アメコミ、映画、ホビーなど幅広いジャンルの翻訳を手がける。

■オフライン&一方向で使い勝手を追求

ログバー『ili』
ログバー『ili』1万9800円

3ボタンのみのシンプルなデザインで、通信を必要としないオフライン機能タイプ。3言語のみの対応だが、いつでも誰でも使える利便性を追求している。

[サイズ]120×30×15mm [重さ]42g [対応言語]3言語(英・中・韓)
[翻訳スピード]最速で0.2秒 [通信]オフライン [動作時間]連続使用時 約2時間

テスト 01「シンプルを極めた製品でシニアにも使いやすい」

シンプルを極めた製品でシニアにも使いやすい

メインボタンを押して話をするだけで使いやすさは抜群。出力言語切り替えはサイドのボタンで。{★★★★★}

テスト 02「ネット環境を気にせずにどこでも使える」

世界初の「オフライン翻訳」がウリ。通信設定の手間もなく、インターネットが使えないことが多い飛行機内や、ネット環境のない場所でも利用できるのは強みです。{★★★★★}

テスト 03「旅行会話だけと割り切って使うのならOK」

旅行会話に特化した〝翻訳辞書〟的デバイスで、ワンフレーズ会話に限れば翻訳精度は高い。{★★★}

〈アンドリュー’s総合評価〉
「シンプルな構造、オフライン対応と使いやすさは抜群でシニアにもオススメできるが、一方向なので相手の返事が理解できないと会話が成立しない恐れも。自分の意思だけを伝えたい緊急時向けか」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ