人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.03

台湾夜市で食べたら美味しかった屋台グルメランキング

台湾の人気スポットといえば「台湾夜市」。夜市には無数の屋台が並び、台湾ならではの料理が食べられる。また、料理の種類は豊富で、店ごとの味くらべを楽しむ観光客も多い。
阪急交通社は「台湾夜市」に行ったことのある人を対象に、数ある屋台グルメの中でもどれがおいしくて、何が苦手だったか調査を行った。
台湾夜市でおいしいかった料理ランキング

1位 胡椒餅[フージャオビン](豚肉と葱を皮で包んで焼いたもの)

胡椒餅(豚肉と葱を皮で包んで焼いたもの)

胡椒をきかせた豚肉の餡(あん)と葱(ねぎ)を生地に包み釜で焼いた、台湾で定番の食べ歩きグルメ「胡椒餅(フージャオビン)」。
夜市を歩けば、この胡椒餅を売っている屋台に必ずと言っていいほど出くわす。屋台ごとにさまざまなバリエーションあり、餡に使われているのがブロック肉だったり、細かい挽肉だったり、味付けが甘めだったり、スパイシーだったり…食べ比べをするのも楽しい。

2位 鹽酥雞[イエンスージー](台湾風唐揚げ)

鹽酥雞(台湾風唐揚げ)

衣をつけた鶏肉をカラっと揚げた台湾風唐揚げの「鹽酥雞(イエンスージー)」。鹽酥雞を扱っている屋台では、他にサツマイモやブロッコリーなどの野菜をはじめ、イカ、魚肉ソーセージなどを合わせて販売している。
自分の食べたい具材を選んで注文すると、その場で揚げてくれるので出来立てアツアツが食べられる。揚げてからスパイスを振りかけてくれるが、赤唐辛子やニンニクの有無を選べる屋台もあり、自分好みにカスタマイズすることが可能だ。

3位 魯肉飯[ルーローファン](豚肉を煮汁ごとかけた丼物)

魯肉飯(豚肉を煮汁ごとかけた丼物)

魯肉飯(ルーローファン)は、細かく刻んだ豚肉を甘辛いタレで煮込み、煮汁ごとご飯にかけた台湾屋台で定番のグルメ。日本人にも馴染みのあるいわゆる丼もので、濃いめの味付けがご飯にマッチ。屋台によって、白菜などの野菜やメンマ、煮玉子などをトッピングできる。

4位 麺線[ミンシェン](細い麺をスープで煮込んだもの)

麺線(細い麺をスープで煮込んだもの)

麺線(ミンシェン)は、そうめんのような細い麺をとろみのあるスープで煮込んだもの。スープのベースは鰹だしなので、日本人の味覚にもマッチする。
具材はホルモンや牡蠣(かき)が使われることが多く、トッピングとしてパクチーを使用する屋台もあるようだ。また、ラー油やおろしニンニク、黒酢、トウガラシなどを入れて、味を変えて楽しめる。

5位 排骨[パイクゥ](スペアリブ)

排骨(スペアリブ)

排骨(パイクゥ)は、骨付き肉に片栗粉をまぶして揚げたスペアリブのこと。醤油や八角(はっかく)などを混ぜたタレに漬け込んでいるので独特な風味を味わえる。
屋台によって八角が隠し味程度~かなり強い風味を感じるものなど幅があるので、八角が苦手という人は少しだけ注意が必要。排骨をご飯にのせて食べる「排骨飯」も定番メニューで、タレのしみ込んだお肉がご飯に合うと日本人にも人気だ。

今まで見たことのないグルメを楽しむのも旅の醍醐味。苦手そうなものにあえてチャレンジするのも旅の思い出になるはずだ。

文・構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ