人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.31

文字盤中央には回転数33、45をフィーチャー!アナログレコードにインスパイアされたPS Paul Smithの新作ウオッチ

2017年に誕生したPaul Smithのディフュージョンライン、PS Paul Smith から第2弾の新作ウオッチが4月5日より発売される。レコードからインスパイアされたデザインと、ポール・スミスらしいカラーリングをミックスした独創的なデザインが特徴だ。

レコード盤をモチーフに、アウターサークルに1から12、ランアウトには13から24のアラビア文字を配置。ブライトカラーでペイントされた秒針は通常の時計よりも短く設定され、レコード盤のラベル部分に記された切分を指すようデザインされている。

また、秒表示のある中央部にはレコードの回転数を表す数字33(LP盤)、45(EP盤)をフィーチャー。ストラップのサイドにも文字板の差し色と同じアクセントカラーをあしらい、ポール・スミスらしいカラーリングの妙を効かせた。裏蓋にはレコード盤をモチーフにしたグラフィックがシリアルナンバーの刻印とともに施されている(※各色とも500本限定)。

右/BT2-815-50(ブラック) 2万3000円。中/BT2-823-70(ネイビー)2万5000円。左/BT2-815-12(ライトグレー)2万3000円。

裏蓋にはレコード盤をモチーフにしたグラフィックがシリアルナンバーの刻印とともに施されている。風防にはクリスタルガラスを使用、ケースサイズは38mm。

製品情報

https://www.paulsmith.co.jp/stories/ss18/ps-paul-smith-watch

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ