人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

EVF越しの操作のしやすさがポイント!本格ミラーレスカメラ4機種徹底比較

2018.05.13

■打倒一眼レフを目指し、多機能&高性能を詰め込んだハイエンドモデル

富士フイルム『X-H1』
富士フイルム『X-H1』オープン価格(予想実勢価格約25万円〈ボディのみ〉)

従来モデルより166g重くなったのと引き換えにボディー内5軸手ブレ補正内蔵、剛性アップ、EVF高画質化、4K動画を強化したモデル。高性能レンズを付ければ1kg超えは確実だ。

[画面サイズ(ボディーのみ)]幅139.8×高さ97.3×奥行き85.5mm、623g
[撮像素子]APS-C/2430万画素 [撮影感度]ISO200〜12800 拡張ISO100、51200他
[EVF]369万画素/0.75倍(35mm換算) [液晶モニター]3インチ/104万ドット/チルト式
[手ブレ補正機能]ボディー内5軸式 [Wi-Fi&Bluetooth]Wi-Fi、Bluetooth v4.0対応

テスト 01「露出補正ダイヤルを廃してサブ液晶モニターを採用」

露出補正ダイヤルを廃してサブ液晶モニターを採用

露出補正ダイヤルがなくなった場所にサブ液晶モニターを搭載。モードダイヤルがなく操作系は銀塩一眼レフ譲り。これが好きかどうかで評価が分かれる。{★★★}

テスト 02「液晶モニターにタッチパネルを初採用」

液晶モニターにタッチパネルを初採用

大型グリップを持つと親指が画面の左側まで届かない。AFフレーム移動は、結局フォーカスレバーのほうがやりやすい。EVFは369万画素と4機種中、最も高解像度だ。{★★★}

テスト 03「高感度でも粒状性がよく肌色も美しい」

高感度でも粒状性がよく肌色も美しい

同社独自方式のセンサーの特徴なのか、粒子は細かく肌色の再現性も高い。ちなみにISO12800もかなり使える。新採用の動画専用フィルムシミュレーション「Eterna」で抑えた色合いを再現できる。{★★★★★}

テスト 04「Bluetoothで撮影画像の自動転送を実現」

専用アプリ「Camera Remote」を使ってWi-Fiで画像転送ができる。Bluetoothでスマホとペアリングしておけば、再生または電源OFFで自動転送が開始される。{★★★★★}

〈ゴン’s総合評価〉
「フィルムメーカーだけあって画像の色合いや質感を重視。交換レンズも単焦点が中心。ミラーレスでは重量級、APS-Cサイズの一眼レフを持つ覚悟が必要だ」

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。