人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.01

会議中に仕事ができそうな人だと思われる7つのテクニック

会議中、なんだか冴えない発言をしてしまったり、居眠りをしてしまったりして過ごしていないだろうか。会議は、自分は「仕事ができるやつ」と周囲に印象付けられるチャンスでもある。
そこで、会議の効率を上げ、参加者のスキルまで向上する「5分会議」を提唱する人財育成コンサルタントの沖本るり子さんに、会議で仕事ができる人だと思われる気の利いた言動のワザを聞いた。

■会議で仕事ができそうと思われる言動のワザ

1.誰かが意見を言った後に別の人に話を振る

「たしかに! 吉田さんの △△で□□という考えもありますね。花本さんは、吉田さんの意見については、どうお考えなんですか?」と自分には意見が浮かんでこなくても、人の話を要約し、違う人に話題を振ることで仕事ができそうと思われる。ただしあまりやりすぎると「●●さんはどうお考えですか?」と自分に振られる可能性が高くなるため、話題を振りつつ答えを考えると良い。

2.自分の意見に反対意見を言われたら、手のひらをポンとたたくリアクションをする

「そうですよね。そういう考え方、全然気づきませんでした!」と言えば、何ごとも揉めずに済み、どんなに否定されても相手を認めてスムーズに仕事を進めることができる人と思われる。

3.誰かが反対意見を言った後で、質問をする

「なかなか考えられないことですよね。どうやったらそういう視点に気づかれるんですか?」と肯定も否定もしない。波風立たせず、敵もつくらず考え方を学ぼうとする姿勢は、仕事ができそうと思われる。

4.音が大きめに鳴るタイマーを持参する

「会議終了時間は15:30でよかったかな? つい議論に白熱してしまうタイプなので、15分前にまとめに入れるようタイマーのセットをしておくよ」とタイマーを持参しセットする。議論もしっかりでき、時間管理もできる人だと思われる。

5.相手の質問の意味が理解できず、周囲もなんとなくよくわかってないなと察したとき

「質問の意図を若手にわかるようにかみくだいて、再度お願いできますか?」と言えば、自分たちの理解力や相手の質問力が悪いということにならず、若手にも気くばりしているスマートさを見せることができる。

6.出された提案に対して、あえてリスクを本人に質問してみる

否定したくなっても「山田さん! 今の提案、私には、なかなか思い付けないことでした。あえて言うなら、考えられるリスクは何ですか?」と、本人からリスクを語ってもらうと否定的にもならず、思慮深く仕事ができそうと思われる。

7.ホワイトボードに意見を自ら書き留める

「みなさんの意見、ちょっとホワイトボードに書き留めていいですか?」とかって出れば、発言者の意見をリスペクトすることになり、自らは発言しなくても仕事ができそうと思われる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ